高校入試勉強はいつから始める?中1・中2から始めよう【146記事目】

 

中学生の勉強法などが満載!

 

高校入試勉強はいつから始める?中1・中2から英語と国語の勉強を始めようです。高校入試勉強はいつから始める?、その時期と中1・中2から受験勉強(英語と国語)の準備をした方がいい理由について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は146記事目です。)

 

 

①中1・中2から高校受験勉強をする必要性は?

【動画】中2から受験勉強をはじめるならどこからやる?

 

 

 

「中1・中2から高校入試の勉強をして下さい」

こう言われると、「まだ中1(中2)だし・・・」「入試勉強は中3になってからでいいでしょ」と思う人もいるかもしれません。

中1・中2から高校入試の勉強をしなければいけない理由は以下の通りです。

 

 

ア 中1・2から高校受験勉強をすべき理由①(高校入試の難化)

→思考力・読解力を問う問題が増加している

 

近年高校入試は非常に難しくなっています。

以前は単純に覚えていればできる問題が多かったですが、近年では思考力読解力を問う問題が多くなっています。

グラフや表を読み取ったり、問題文が長くなったり、選択肢が増えたりと問題が難しくなっているため、知識があるだけでは入試問題を解くことができません。

ですので、基礎を早い時期に仕上げて、応用問題を解いたり、過去問を解いたりといった期間をできるだけ持つことが大切になってきます。

 

 

 

イ 中1・2から高校受験勉強をすべき理由②(仕上がるまでに時間がかかる)

→英語・国語は仕上がるまでに時間がかかる教科!

 

また、英語・国語は仕上がるまでに時間のかかる教科です。

英語は、英単語・英熟語・英文法の基礎知識を固め、さらに長文読解・リスニング・英作文の練習をして、ようやくできるようになります。

加えて、2021年度から英語の教科書が変わり、今まで以上に学校で習う内容が難しくなっています。

そのため、従来のように中3の夏から受験勉強では到底間に合いません。

また、国語も漢字・語句を覚え、文の構造をつかみながら読解練習をしないと、なかなか文章を読めるようにはなりません。

これら2教科は中3から勉強しようと思っても、なかなかできるようにはならない科目です。

そのため、時間に余裕のある中1・中2のうちから、英語や国語は勉強する必要があるのです。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中1・2からどんな高校受験勉強をしていけばいいのか?

【動画】中1・中2からの高校入試対策③(英語・国語の早期学習)【豊橋の学習塾】

 

 

 

次に、中1・中2からどのような高校入試の勉強をしていけばいいのかについてみていきます。

それは、

・今まで習った内容の復習
・英語の勉強
・国語の勉強

です。それぞれ順番に見ていきましょう。

 

 

ア 中1・2からの高校受験勉強の方法①(今まで習った内容の復習)

→高校入試は中1~中3の範囲から出る!

 

最初に今まで習った内容の復習をしましょう。特に英語や数学は積み重ね教科ですので、習った内容を定期的に復習しないと、いずれ授業についていけなくなる可能性があります。

週末、テスト週間中、定期テスト終了後、長期休暇中など時間が取れる時にこまめに復習しましょう。

 

 

 

イ 中1・2からの高校受験勉強の方法②(英語)

→英単語・英熟語・英文法の基礎を固めよう!

 

英語は高校入試では長文読解・リスニング・英作文がメインですが、これらの問題を解けるようになるには、英単語・英熟語・英文法の基礎知識が十分にないと解くことができません。

そのため、中1・中2のうちは、英単語英熟語英文法の知識を固めるようにしましょう。

英文法は今まで習った内容を復習しましょう。特に英語が苦手な人は中1の内容を徹底的に復習するようにしましょう。

また、英単語・英熟語は習っていない単語もどんどん覚えておくと、高校入試や先の学年の予習となりますので、積極的に覚えていきましょう。

また、知識がある程度固まったら、英検の問題集を解いていくとよいでしょう。目安となる級としては、「5級」が1年、「4級」が2年、「3級」「準2級」が3年となっています。

英検の問題は、「読む」「聞く」「話す」「書く」といういわゆる4技能の力が問われています。そのため、英検の勉強をすることで、長文読解やリスニングの練習にもなります。

 

 

 

ウ 中1・2からの高校受験勉強の方法③(国語)

→正しい読み方を意識して読解の練習をしよう!

 

国語は短期間では身に付かないため、中1・中2のうちからじっくりと勉強する必要があります。

特にやってほしいことは、

・漢字の読み書き【おすすめ問題集:高校入試漢字・語句3000ワイド版
・語彙力の強化【おすすめ問題集:この1冊で「言葉力」が伸びる! 中学生の語彙力アップ 徹底学習ドリル1100
・読解問題を解く【おすすめ問題集:システム中学国語 論理入門編

です。

最初に「漢字の読み書き」「語句を覚える」で知識を身に付け、その後読解問題を解いて、読解力をつけるようにしましょう。

特に漢字と語句を覚えるには時間がかかるため、できれば中2の終わりまでには完成したいところでwス。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③とよはし練成塾での中1・2からの高校入試勉強の指導方法は?

【動画】【高校受験】本当に受かりたい中1・2生だけ見てください。

 

 

 

最後にとよはし練成塾での中1・中2からの高校入試対策について紹介していきます。

 

ア 中1・2からの高校入試勉強の指導法①(一般的には中3の夏から入試対策が始まる)

→入試が難化している現在、夏からでは時間がなさすぎる

 

一般的な学習塾では、中3の夏休みから高校入試対策が始まります。

その理由としては、

・部活を引退して受験生モードになるため
・塾側が夏期講習から一斉に始めたいため(集客面で)

といったことがあるからです。

しかし、高校入試の問題が難化している現在、中3の夏から始めていたのではあまりにも遅すぎます。

仮に中3の8月から入試勉強を始めた場合、3月上旬の入試本番までの期間は7か月しかありません。

しかも、9月からは学校が再開するため、自分の勉強ができません。

そのわずかな時間で中1から中3までの内容を復習し、かつ応用問題を解ける力にもっていくことはなかなか難しいでしょう。

そのようなことを考慮して、当塾では中1から高校入試対策を行うことにしています。

中1から3年間かけてじっくりとやっていけば、入試で合格できる力はついていくようにしています。

 

 

イ 中1・2からの高校入試勉強の指導法②(中1からの高校入試に向けた指導法)

→英語と国語を中心に指導しています

 

とはいえ、中1ではまだ高校入試で出る範囲を全て習っていないため、できることは限られます。

では、どの教科をどのように指導をしているのでしょうか?

それは、「英語」「国語」です。

以下、順番にみていきましょう。

 

 

ウ 中1・2からの高校入試勉強の指導法③(英語)

→英単語と英文法の基礎を徹底的に指導しています

 

英語は英単語の暗記英文法の理解を中心に行っています。

まずは英単語です。

英単語は先にどれだけ覚えても損はない内容です。

むしろ、時間がある時にできるだけ覚えておかないと、後で文章の意味が分からなくなったり、英作文やリスニングができなくなったりと苦労します。

中3の夏から英単語を1000語覚えるのと、中1から3年間かけて1000語覚えるのでは、後者のが断然楽に覚えることができます。

当塾では通常授業以外に、土曜日の夕方に「暗記のコツ習得コース(中1・2)」を設け、そこで英単語を覚える時間に充てています。

英単語の暗記は多くの生徒が自主的にできるものではありません。

だからこそ、塾で時間をかけてじっくりとやるものだと思っています。

また、英文法に関しては、「フォレスタ英語」「フォレスタステップ英語」「フォレスタゴール英語」といった塾教材を使い、ルールを徹底的に暗記をしてもらいます。

その上で問題演習をすることで理解をしたうえで問題を解くことを心掛けています。

 

 

エ 中1・2からの高校入試勉強の指導法④(国語)

→論理的に読める指導をしています

 

国語は論理的に読む習慣がないと、いくら問題を解いても無意味です。

そのため、まずは論理力をつける指導をしています。

論理力をつけるには、

・主語と述語の関係をつかむ
・接続語や助詞の役割をつかむ
・指示語をおさえる

といったことが必要です。

これらを意識して読まないと文章を理解できるようにはならないのです。

当塾では、「ろんりde国語」シリーズ(塾教材)を使い、じっくりと論理力を鍛えていきます。

その後は、「作文・小論文の名人」(塾教材)を使い、論理的な文章を書く練習をしていきます。

最後に「フォレスタゴール国語」(塾教材)を使い、高校入試レベルの読解問題を数多く解いていきます。

このようにいきなり問題演習ではなく、国語の土台をしっかりと作ってから読解の練習をするようにしています。

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00