中1の定期テスト(中間・期末)で点数を上げる勉強法は?【143記事目】

 

中1の定期テスト(中間・期末)で点数を上げる勉強法、高得点を取るには、やる気を出す方法などについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は143記事目です。)

 

 

①中学1年生の定期テストの流れは?

【動画】【定期テスト必勝法】5教科450点とる生徒の5つの勉強法

 

 

 

ちゃちゃ丸
中学生になるとテストはどう変わるのかニャー?」
モモ先生
テスト範囲が発表され、またテスト後には順位が出ますよ。

 

 

多くの学校では年5回定期テストがあります。

それは、

・1学期中間テスト【5月】
・1学期期末テスト【6月】
・2学期中間テスト【10月】
・2学期期末テスト【11月】
・3学期学年末テスト【2月】
*これ以外に課題テスト、実力テスト、英語コンクールなどがあります

 

となっており、およそ1~2月に1回テストがあることになります。

また、テスト1週間前から「テスト週間」というものがあり、この期間は部活動がなく、いつもより早い時間に家に帰ることができます。

また、テスト当日までに各教科で出ている宿題をやらないといけないため、普段から勉強する習慣がない人は、テスト週間から慌てて勉強することになり、結果見直しができずにテスト本番に臨んでしまうということになりかねません。

そして、テスト終了後は結果が出ます。

ここでは個表が渡され、そこには「点数」「平均点」「偏差値」「順位」が載っており、自分の立ち位置が分かります。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②中1の定期テストの範囲は?

【動画】中1初めての中間テスト!!!ご褒美をかけた今回のテストの結果にゲットした物も紹介します!!

 

 

 

ちゃちゃ丸
中1ではどんな内容を習うのかニャー?
モモ先生
小学校の頃に比べて難しい内容になってきますよ。

 

 

中1のみなさんが1年間で学ぶ定期テストの範囲はだいたい下の表のようになります。

英語数学理科社会
1学期中間アルファベット
数字・曜日
小学校の復習
正負の数植物世界の国々
縄文時代
1学期期末小学校の復習正負の数
文字と式
植物世界の気候
弥生・古墳
2学期中間小学校の復習文字と式
方程式
化学アジア
ヨーロッパ
飛鳥~平安
2学期期末三人称単数
人称代名詞
現在進行形
感嘆文
比例・反比例
平面図形
化学
アフリカ
北アメリカ
平安~鎌倉
3学期学年末不定詞
過去形
be動詞の過去形
There is(are)~
過去進行形
平面図形
空間図形
音・力
火山・地震
南アメリカ
オセアニア
鎌倉~室町

 

最初の2回(1学期中間・期末)は数学は計算中心の内容が出題されるため、平均点がかなり高くなりがちで(70点前後)、そこまで点数差は出ません。

しかし、2学期中間以降は、範囲が広くなりかつ難易度が上がるため、この辺りから点数差が出てきます。

一方で、英語は学習内容が大幅に変わったため、最初のテストから平均点が低くなりそうです。

また、英語は積み重ね教科であるため、最初のテストでできないと中学生はおろか高校を卒業するまで苦手科目になってしまいがちです。

そうならないように、最初のテストから全力で取り組むようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

③中1の定期テストの勉強法、心構えは?

【動画】【新中学1年生の勉強法】新中学1年生は見てください。

 

 

 

ちゃちゃ丸
中1の定期テストに向けてどんな勉強をしていけばいいのかニャー
モモ先生
ここでは、時期別にどんな勉強をしていけばいいのかを見ていきますよ

 

 

ア 中1の定期テストの勉強法、心構え①(中学入学までにすべきことは?)

→時間に余裕のある小学生のうちに中学校生活に向けた準備をしておこう

 

中1の定期テストの勉強法、心構えの一つ目は、「中学入学までにすべき」ことについてです。

小6になるとそろそろ中学校生活のことを考えると思います。

中学校は小学校に比べて、

①授業のペースが速い
②授業時間が増える(45分→50分)
③定期テストの範囲が広く難しい
④算数が数学になり、より抽象的な内容を習う

といったように、学習内容がより難しくなってきます。

そのために、時間に余裕のある小学生のうちに今まで習った内容を復習するようにしましょう。

 

関連記事

 

また、小学校と中学校では生活がガラッと変わりますので、どのような違いがあるかをあらかじめ把握し、準備できるところはしっかりと準備しておきましょう。

 

関連記事

 

 

イ 中1の定期テストの勉強法、心構え②(中学最初の定期テストに向けて)

→最初のテストの結果で勉強へのやる気がつくかどうかが変わってくる

 

中1の定期テストの勉強法、心構えの二つ目は、「中学最初の定期テストに向けてしっかりと勉強する」ことについてです。

中1の最初のテストは非常に大事になってきます。

それは、最初のテストの結果が中学校3年間の成績を左右するといっても過言ではないからです。

もし、最初のテストで結果がよかったとすると、「よし、この調子で頑張ろう」と思えますが、逆に悪い結果が出てしまうと勉強へのやる気がなくなってしまいます。

そして、勉強にやる気が出た人はより勉強しますが、そうでない人はますます勉強しなくなってしまいます。

そうなると、2人の力の差はどんどんついてしまいます。

ですので、最初のテストでいい順位をとることは非常に大事なのです。

ただし、気を付けないといけないのは、順位を上げることはなかなか難しいですが、順位を下げることは簡単ということです。

ですので、最初の順位がよくても、そこで油断をしてしまうとそこからズルズルと下がってしまうので気を付けて下さい。

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 中1の定期テストの勉強法、心構え③(中1の夏休みの勉強法)

→学校の授業はないが、規則正しい生活が過ごせるように心がけよう

 

中1の定期テストの勉強法、心構えの三つ目は、「中1の夏休みの勉強法」についてです。

夏休みになると学校の授業がないため、朝早く起きる必要がなくなります。

そうなると、夜遅くまでテレビやスマホ、ゲームなどに夢中になってしまい、昼近くに起きるといった生活をする人も出てきます。

しかし、それでは生活習慣が乱れてしまい、2学期が始まった時に大変な思いをします。

そうならないためにも、夏休みの間も規則正しい生活を続けるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

エ 中1の定期テストの勉強法、心構え④(中1の2学期の勉強法)

→2学期からはテストの難易度がグンと上がる

 

中1の定期テストの勉強法、心構えの四つ目は、「中1の2学期の勉強法」についてです。

中1の2学期からのテストは問題が難しくなり、点が取りにくくなります。

それは、

①数学は文章題、理科は化学・物理分野など思考力がいる分野がテスト範囲になる
②1学期のテストに比べてテスト範囲が広くなる
③英語と数学は1学期に習った内容が分かっていないと理解できなくなる
④学校に慣れてきて緊張感がなくなり、勉強しなくなる生徒が出てくる

といったことがあるからです。

そのため、1学期の成績がよかった人も、2学期のテストで下がらないようにしっかりと勉強するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

オ 中1の定期テストの勉強法、心構え⑤(中1の冬休みの勉強法)

→短い時間でポイントを絞って復習をしていこう

 

中1の定期テストの勉強法、心構えの五つ目は、「中1の冬休みの勉強法」についてです。

冬休みは2週間しかありませんが、冬休みの宿題はしっかりと出ます。

そのため、まずは冬休みの宿題を早めに終わらせることをしていきましょう。

そして、早めに終えたら、冬休みの間にこれまで習った内容の復習をしましょう。

ただし、夏休みと比べると冬休みは期間が短いですので、ポイントを絞って効率的に復習をするようにして下さい。(理想を言えば、冬休みに入ってからではなく、11月の定期テストが終わったらすぐに今までの復習をしてほしいです。)

 

関連記事

 

 

カ 中1の定期テストの勉強法、心構え⑥(中1の3学期の勉強法)

→テスト範囲が広くなるため、早めの準備を心がけよう

 

中1の定期テストの勉強法、心構えの六つ目は、「中1の3学期の勉強法」についてです。

2学期の期末テストは11月下旬、そして学年末テストは2月中旬にあります。

そうすると、学年末テストの範囲は約3か月分の範囲となり、これまでの試験よりも範囲が広くなります。

また、

①実技教科もテストがある
②1年間の内容が実力問題として出る

といったこともあるため、これまでの試験よりやるべきことはとても多くなります。

そのため、早い時期から勉強するようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

キ 中1の定期テストの勉強法、心構え⑦(中1の春休みの勉強法)

→一年間で習った内容をしっかりと復習しよう

 

中1の定期テストの勉強法、心構えの七つ目は、「中1の春休みの勉強法」についてです。

この時期にやってほしいことは、一年間の復習です。

特に英語や数学は積み重ね教科であるため、分からないところがあると、2年生以降授業についていけなくなる可能性があります。

そのため、年度が代わるこの時期に分からない分野をしっかりと復習するようにしましょう。

そうすることで2年生になっていいスタートを切ることができます。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「中学生の勉強法」記事一覧はこちら