【高校入試】受験勉強はどの教科から始める?何を勉強したらいい?【142記事目】

 

中3生(受験生)が高校入試の勉強を始める際にどの教科から学習したらいいのか、何をどう勉強したら効率がいいのかについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は142記事目です。)

 

 

①高校入試の受験勉強は何から始めるべきか?

【動画】【高校受験の勉強法】中学生向けに国語、社会、数学、理科、英語別で元教師が完全解説

 

 

ちゃちゃ丸
春から受験生になったけれど受験勉強は何からしたらいいのかが分からないニャー
モモ先生
ここではスムーズに受験勉強ができるようになるための心構えについてみていきますよ。

 

 

ア 高校入試の受験勉強は何から始めるべきか?①(高校入試の出題形式を知る)

→内申点+当日の試験結果+面接で評価される

 

みなさんが志望する高校の入試情報を知ることが受験勉強の最初にやることになります。

例えば愛知県の場合、高校入試では、「内申点+当日点+面接」の合計で合否が決まります。

また、それぞれを詳しく見ていくと、

内申点中3の1年間の内申点が評価される(定期テストの結果、提出物の評価、授業態度など)
当日点中学校3年間の内容が問われる
面接志望動機、中学校生活で頑張ったことなどが聞かれる

となっています。

加えて、以下の実績があると推薦入試を受験することができます。

部活動地区大会以上で実績を残した
級長、生徒会級長、生徒会、部活動のキャプテンなどをやっていた
英検3級以上(進学校は準2級~2級以上)で評価の対象になる
ボランティア活動一定期間行ったことが必要

 

このように、高校入試では何が問われるのか、何ができるようになる必要があるのか、といったことを把握しておくと、効率的に受験勉強をすることができます。

 

関連記事

 

 

イ 高校入試の受験勉強は何から始めるべきか?②(志望校を決める)

→目標があることで勉強を頑張ることができる

 

また、志望校を決めることも大事です。

それは目標がないと人間は頑張れないからです。

「絶対に〇〇高校に行くんだ」というような強い決意を持つことで、勉強が嫌になっても、勉強で苦しんでも頑張ることができるようになります。

そのため、勉強へのモチベーションを高めるためにも、志望校は早急に決めるようにしましょう。

なお、最後の学年末テストが終わる1月中旬までは、志望校は「行ける高校」ではなく、「行きたい高校」で決めていけばいいでしょう。

 

関連記事

 

 

 

ウ 高校入試の受験勉強は何から始めるべきか?③(学習習慣を身につける)

→勉強+部活動などが大事! 日々の生活を頑張ろう!

 

多くの人は、部活が終わる中3の夏から本格的に受験生として受験勉強を始めることでしょう。

しかし、それでは受験に間に合いません。

最近の入試では、以前と比べて難易度が上がっているため、早い時期から入試勉強をしないと高得点を取ることができないようになっています。

そのために、中3の春から入試勉強をするようにしましょう。

ただし、今まで学習習慣がなかった人は、最初は少しの時間でもいいので、まずは机に向かう所から始めていきましょう。

それを続け、学校の宿題や塾の宿題以外の勉強時間を少しずつ増やしていくといいでしょう。

これを夏休みまでにできるようになれば、部活引退後は本格的に勉強ができるようになります。

1学期の間は部活も忙しいですが、そこでうまく勉強と両立できることが大事になってきます。

 

関連記事

 

 

エ 高校入試の受験勉強は何から始めるべきか?④(塾に入るべきか)

→勉強+部活動などが大事! 日々の生活を頑張ろう!

 

受験生になると、塾に入った方がいいかどうか悩む人も出てくるでしょう。

基本的には、

①塾に行くかどうかで悩んでいる
②成績が下がってきている
③分からない所が多い
④勉強の習慣がない

場合は塾を活用するのもいいでしょう。

ただし、「塾に行った=成績が上がる」わけではありません。

塾はあくまで、みなさんの勉強のサポートをする場にすぎません。

学校や塾で習った内容を家で復習しない限りは成績は上がりませんので、気を付けてください。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②5教科の中で優先して高校受験の勉強すべき教科は?

【動画】【勉強の優先順位の決め方】どの教科から始めるべき?

 

 

ちゃちゃ丸
5教科の中でどの科目を優先して受験勉強をしたらいいのかニャー?
モモ先生
英語・数学・国語を中心に勉強しましょう。

 

 

次に5教科(英語・数学・理科・社会・国語)のうち、どの科目を優先して高校受験の勉強したらいいかについてみていきます。

結論から言えば、英語・数学・国語です。

それは、この3教科は仕上がるまでに時間がかかります。

中1・中2のうちからコツコツと勉強をしないと、高校入試までに十分に仕上がらない可能性が高くなります。

一方で、理科・社会は中3の夏からでも間に合う教科です

ですので、基本的な戦い方としては、まず、英語・数学・国語の基礎を固め、それが終わったら理科・社会の勉強をしていけばいいということになります。

なお、学年や時期ごとにやっておいた方がいいことは以下の通りです。

 

 

ア 中1・中2~中3の夏休みまでの勉強法

→英語・数学・国語の基礎固めをしよう

 

中1・中2~中3の夏休みまでの勉強法としては、「英語・数学・国語の基礎固めをする」ことです。

この時期に基礎を完璧にすると、入試問題などを解く際に正答率が高くなり、勉強へのモチベーションが高まります。

理科・社会は夏休みからでも間に合いますが、英語・数学・国語はやるべきことが多いため、1学期から勉強をする必要があります。

そして、この3教科の具体的にやるべきことは、

①英語 英単語・英熟語の暗記、英文法の復習
②数学 基本的な問題の復習
③国語 漢字、語句の意味の暗記、国文法の復習

です。

なお、夏休みはこれら3教科の勉強に加えて、理科・社会の勉強もするようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 中3の2学期の勉強法

→入試レベルの問題を解き、できなかった問題は参考書や問題集に戻って復習しよう

 

中3の2学期(秋)の高校入試対策としては、「応用問題を解き、できなかった問題は復習をする」ことです。

夏休みの間で基礎は固まったと思いますので、ここからは実践問題に取り組んでいきます。

とはいえ、いきなり過去問(入試問題)では難易度が高いですので、入試問題が詳しく解説している問題集を使って問題演習をするようにしましょう。

また、解いてできなかった問題は解説を読み、解き方を理解しましょう。

特にあまり覚えていない単元は、一度参考書や基礎の問題集に戻って復習するようにして下さい。

 

関連記事

 

 

 

ウ 中3の冬休み~入試直前の勉強法

→過去問を全て解き、入試の問題傾向をつかもう

 

中3の入試直前期の高校入試対策勉強法は、「過去問を解き尽くし、問題傾向をつかむ」ことです。

1月の学年末テストが終わると、いよいよ本格的に高校入試が始まります。

2月に私立高校の入試が、そして3月には公立高校の入試があります。(愛知県の場合)

この時期は、過去問を解くことと弱点分野の復習をすることを中心に行いましょう。

そして、冬は風邪をひきやすい時期ですので、体調管理に心がけて規則正しい生活をするようにして下さい。

 

関連記事

 

 

NEXT→②「愛知全県模試(2021)の範囲、日程は?」
⓪「愛知県高校入試を勉強する上での心構え、志望校の決め方、過去問の解き方は?」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「高校入試勉強法」記事一覧はこちら