【中学生・高校生】短期間で成績を上げる勉強法、テストの点数を上げる方法は?【132記事目】

中学生や高校生が短期間で定期テスト(中間・期末)の点数を上げ、成績を上げる方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は132記事目です。)

 

 

①中学生や高校生が短期間で成績を上げる勉強法は?

【動画】【成績を上げる方法】中学生向けの勉強方法と内申点の仕組み【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
テストの点数を上げたいニャー
モモ先生
理解→暗記→演習の順で勉強を行うように心がけましょう。

 

 

中学生や高校生が短期間で成績を上げるには、何をしたらいいでしょうか?

それは正しい勉強のやり方で勉強することです。

そして正しい勉強方法とは、「理解する」→「覚える」→「解く」の順で勉強をすることです。

特に意識してほしい部分は、「覚える」ことです。

多くの人は、学校や塾の授業で授業内容を理解し、宿題やテスト時に出す提出物で問題を解きます。

一方で、英単語を暗記したり、間違えた部分を解き直すということをあまりしません。

そうなると、頭の中に知識がない状態で問題を解いているため、問題演習の意味があまりないということになってしまいます。

そうならないように、基本的な部分をしっかりと覚えてから問題を解くようにしましょう。

そうすることで、頭の中に知識が残り、問題演習をしても格段に正答率が上がっていきます。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

②中学生や高校生が短期間で成績を上げる勉強法は?(1)【暗記】

【動画】【科学的】本当に効果のある暗記方法4選【勉強のコツ】

 

 

ちゃちゃ丸
すぐに覚えられる方法を知りたいニャー
モモ先生
何度も繰り返す、声に出して覚えるといったことを行いましょう。

 

 

短期間で効率よく暗記をするには、「書かずに覚える」「声に出して覚える」「何度も繰り返す」が基本です。

書きながら覚えるのは時間がかかってしまうため、効率があまりよくありません。

そのため、できるだけ書かずに覚えるようにしましょう。(ただ、漢字や英単語などは書いて覚えた方がいいです。)

また、声に出して覚えることで、「視覚+口を動かす感覚+聴覚」の3つを使って覚えることになるため、覚えやすくなります。

さらに、覚えにくいところや忘れやすいところは何度も繰り返して覚えることで、徐々に頭の中に情報が残るようになりますので、しっかりと覚えるようにしましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

③中学生・高校生が短期間で成績を上げる勉強法は?(2)【問題演習】

【動画】【成績が上がる】問題集の解き方・使い方!繰り返し行うためには、書き込みすべきか?【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
問題を解く時に意識した方がいいことはあるのかニャー?
モモ先生
できなかった問題にどう向き合うかが大事ですよ。

 

 

暗記をして必要な知識を頭の中に入れた後は、いよいよ問題演習に取りかかっていきます。

そして問題演習をする際に気をつけるべきことは、「できなかった問題を繰り返し解く」ことです。

一回目で解いてできた問題は、二回目以降は解く必要がありません。

一方で、一回目でできなかった問題は、解説を読み、内容を理解し、その後時間を空けて再度解き直すようにしてください。

これを繰り返し、全ての問題ができるようになるまで何度も繰り返し解くようにしましょう。

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

④中学生や高校生が勉強をする際に心がけることは?

【動画】【効率のいい勉強時間帯】中学生や高校生が成績を上げる1日の使い方【元中学校教師道山ケイ】

 

 

ちゃちゃ丸
勉強をする上で心掛けたほうがいいことは何かニャー?
モモ先生
苦手な教科をしっかりと勉強することが大事ですよ。

 

 

ア 中学生や高校生がテストの点数を上げる勉強法①(どの科目もバランスよく勉強する)

→得意科目だけでなく苦手科目もしっかりと勉強しよう

 

中学生や高校生がテストの点数を上げる勉強法の一つ目は、「どの科目もバランスよく勉強する」ことです。

多くの人は得意科目ばかり勉強して、苦手科目はほとんど勉強しないという勉強をしてしまいがちです。

ただ、それではいつまでたっても苦手科目を克服することができません。

テストで高得点を取るには、苦手科目もしっかりと勉強をする必要があります。

苦手科目で点数が上がってくると総合点も上がるため、成績は間違いなくアップするでしょう。

 

関連記事

 

 

イ 中学生や高校生がテストの点数を上げる勉強法②(テスト前日や当日も勉強する)

→一度勉強しただけではできるようにならない

 

中学生や高校生がテストの点数を上げる勉強法の二つ目は、「テスト前日や当日も勉強する」ことです。

一度覚えた内容でもしばらく時間がたつと忘れてしまいます。

そのため、テスト直前まで勉強をすることが大切です。

テストの前日や当日(テスト開始直前も)に、忘れやすい所はしつこく見直すようにしましょう。

テストが始まるギリギリまで見直しをすることで、頭の中に記憶を保つことができます。

 

 

ウ 中学生や高校生がテストの点数を上げる勉強法③(作業はできるだけしない)

→テスト前は暗記に専念しよう

 

中学生や高校生がテストの点数を上げる勉強法の三つ目は、「作業はできるだけしない」ことです。

特に女子に多いのですが、テスト前になるときれいにノートにまとめだす人がいます。

ノートにまとめるのは悪いことではないですが、「きれいに」書くことに意識がいってしまい、暗記することがおろそかになってしまいがちです。

また、ノートにまとめても覚えたことにはならないため、頭の中に知識が入らず点数が伸びないのです。

そのため、「ノートにまとめる」「単語カードをつくる」といった作業はテスト週間中はできるだけせずに、今までの復習や暗記を中心とした勉強をするようにしましょう。

 

 

NEXT→②「中学生が学校の授業についていけない原因と対処法は?」
⓪「勉強への心構え④(勉強のやり方)」←BACK

 

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

「勉強の心構え」記事一覧はこちら