【大学入試漢文】得点奪取漢文記述対策のレベルや使い方は?

 

たま吉
漢文読解の問題集の「得点奪取漢文記述対策」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学入試漢文】得点奪取漢文記述対策のレベルや使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「得点奪取漢文記述対策のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

得点奪取漢文記述対策を使って古文の記述問題の解き方を知りたい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「得点奪取漢文記述対策のレベルや使い方は?」→まずは問題を解き、その後は解説をしっかりと読むようにしよう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦小論文・面接⑧物理
⑨化学⑩日本史⑪世界史

 

 

得点奪取漢文記述対策とは?得点奪取漢文記述対策のレベルは?

 

 

たま吉
得点奪取漢文記述対策はどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
解説が詳しい漢文読解の問題集ですよ。

 

 

ア 得点奪取漢文記述対策とは?得点奪取漢文記述対策の難易度は?

→解説が詳しい漢文読解の問題集

 

「得点奪取漢文記述対策」は河合出版から出ている漢文の記述対策ができる問題集です。(問題は典型問題が4問、練習問題が11問あります。)

 

 

 

この本は漢文の記述問題が中心であるため、問題の難易度はかなり高めです。

そのため、「得点奪取漢文記述対策」は共通テストの過去問を解いて安定した点数を取れる人でかつ記述対策をしたい人向けの問題集です。

特には難関国公立大学を目指す人が、二次試験の過去問を解く前に使うといいでしょう。

 

また、得点奪取漢文記述対策の特徴としては、

・記述問題でどうやって答えを書いたらいいか、本文をどうやって読み取っていけばいいかの解説が詳しい
採点基準が詳しく書かれているため、何を書けば点がもらえるかが一目で分かるようになっている

 

です。

 

基本的に記述問題に取り組むときには、多くの人は自分の書いた答えが合っているのかどうか悩んでしまいます。

しかし、「得点奪取漢文記述対策」では「●●」が書いてあれば2点、「××」が書いてあれば3点といったように具体的な採点基準が書かれているため、自分の書いた文章がどれだけ模範解答に近いのかが分かるようになっています。

 

たま吉
「得点奪取漢文記述対策」は家にいながら記述対策ができる問題集なんだニャー

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

得点奪取漢文記述対策の使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

 

たま吉
共通テストや大学入試に向けて得点奪取漢文記述対策はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは問題を解き、その後は解説をじっくりと読むようにしましょう。

 

 

ア 得点奪取漢文記述対策のおすすめな使い方は?①(まずは問題を解いてみる)

→まずは一回問題を解いてみよう

 

「得点奪取漢文」は記述問題が中心であるため、基本的には共通テスト対策として使う教材というよりは、二次試験で記述問題が出る大学を受験する人の問題集です。

この得点奪取漢文記述対策のおすすめの解き方の一つ目は、「まずは問題を解いてみる」ことです。

そして問題を解く際には、

・動作主は誰なのか(主語は何か)を意識して読む
・分からない句法や単語があってもで調べず、意味を予測しながら解く
・問題文だけでなく注釈や他の問題などもヒントにする

といったことを意識しながら読むようにしましょう。

 

漢文は省略されている言葉が多いため、一回読んだだけでは内容は理解できるようはなりません。

そのため、今まで覚えてきた単語や句法の知識を活かすことや、注釈や他の問題に書かれている内容をヒントにするといったことをしていきながら問題を解くようにしましょう。

なお、漢文の問題の解き方がよく分からない場合は、「岡本梨奈の1冊読むだけで漢文の読み方&解き方が面白いほど身につく本」といったような漢文読解のテクニックが書かれている本を使うようにして下さい。

 

モモ先生
知識や注釈などを駆使して読むようにしましょうよ。

 

 

イ 得点奪取漢文記述対策のおすすめな使い方は?②(解説をしっかりと読む)

→問題の解き方や古文常識などをしっかりと読むこと

 

問題を解き終えたら答え合わせをして解説を読んでいきます。

そして、解説の読み方ですが、

①「本文解説」と「全文解釈(現代語訳)」を読み、文章の内容を理解する
②原文と現代語訳を交互に読む
設問解説を読む
④原文だけを読み、内容がわかるかどうかを確認する

といった流れになります。

 

漢文は現代文と同じように解答の根拠となる部分が本文中に書かれています。

特に記述問題は本文に出てくる文章や言葉を使って説明する必要があります。

そのため、普段から勘で問題を解くのではなく、本文のどこに解答の根拠となる部分があるのかをしっかりと探すようにしましょう。

 

たま吉
解説をよく読んで解き方を学ぶようにしたいニャー

 

 

 

 

ウ 得点奪取漢文記述対策のおすすめな使い方は?③(記述問題の解き方をマスターする)

→古文・漢文の記述問題は適宜言葉を補う必要がある

 

古文や漢文では頻繁に主語が省略されます。

そのため、古文や漢文の記述問題では、場合によっては答えを書く際に主語や目的語などの言葉を補う必要があります。

記述問題は、本文の言葉を使って答えていくのが基本です。

しかし、古文や漢文の場合、そのままでは言葉足らずとなってしまうため、主語や目的語などを付け加える必要があります。

現代語訳や内容説明、理由説明問題などを解く際には、そのことを意識して解くようにしましょう。

 

なお、得点奪取漢文が終わった後は志望校の過去問や「全国大学入試問題正解」などの問題集を使って、できるだけ多くの漢文の問題を解くようにしましょう。

そうすることで実践力が身についていきます。

 

たま吉
現代文とは少し解き方が違うので気を付けたいニャー

 

 

関連記事

  たま吉漢文の大学受験に向けた勉強法を知りたいニャー と思っている高校生や浪人生のみなさん!今回は「【大学受験】漢文の勉強法とおすすめ参考書・問題集ルートは[…]

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

<まとめ>【大学入試漢文】得点奪取漢文記述対策のレベルや使い方は?

 

 

今回の記事の「【大学入試漢文】得点奪取漢文記述対策のレベルや使い方は?」の内容のまとめです。

 

①得点奪取漢文記述対策は記述問題の対策ができる問題集
②まずは一通り問題を解いてみよう
③その後は解説をしっかりと読み、記述問題の解き方をマスターしよう

 

得点奪取漢文記述対策をマスターすれば後は過去問を解くだけです。

しっかりとやりこんで記述力をつけるようにしよう!

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「【大学入試漢文】得点奪取漢文記述対策のレベルや使い方は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/kanbun-kizyutsu/

 

たま吉
よろしくお願いするんだニャ~