【大学入試日本史】金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本のレベルや使い方は?

 

 

たま吉
日本史の教科書の「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学入試日本史】金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本のレベルや使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容[

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」を使って日本史の勉強をしたい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」の使い方は?→細かい歴史の流れをつかむために使う

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化学
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」とはどんな参考書か?

 

 

たま吉
「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」とはどんな参考書なのかニャー?
モモ先生
日本史の内容が詳しく書かれている参考書ですよ。

 

 

ア「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」とはどんな参考書か?

→歴史の流れについて詳しく説明している参考書

 

日本史の勉強は、

①歴史の流れをつかむ
②用語を暗記する(年号を覚える+史料問題対策)
③問題を解く
④論述対策をする

というのが基本的な流れになります。

日本史の勉強は歴史の流れをつかむところから始まります。

最初に「一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書」で軽く歴史の流れをつかんだら、次に東進ブックスから出ている「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」でもう少し細かいところまでの内容をおさえていきます。

 

 

 

 

この本は「原始・古代史」「中世・近世史」「近現代史」「文化史」の全4冊あり、総ページ数は900ページ以上あります。

また、この本の特徴としては、

初学者でも読みやすいように分かりやすい言葉で書かれている
・著者の金谷先生による音声講義CDがついていて、音声からでも歴史の流れをつかむことができる
・イラストや地図が多く使われておりビジュアルでもわかるようになっている

といった特徴があります。

そのため、「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」を読み込むことで、歴史の流れがわかるようになってきます。

 

たま吉
「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」は定番の参考書なんだニャー

 

 

イ「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」の問題点は?

→細かい内容までは扱っていない

 

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本の問題点は、日本史の細かい内容までは扱っていないということです。

この本はあくまでこれから日本史の勉強を本格的にしたい人や日本史が苦手な人向けのものです。

そのため金谷の日本史は基礎固め用の参考書という位置づけだと思ってください。

そのため、難しい内容まで知りたい場合は、「石川昌康日本史B講義の実況中継」などの参考書も併用していくといいでしょう。

 

たま吉
最初の1冊として使うようにしたいニャー

 

 

【大学受験】日本史の流れをつかむための勉強法を知りたい人は

【大学受験】日本史の通史(流れ)をざっくりつかむ方法は?おすすめ参考書・問題集は?

 

 

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」の使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

 

たま吉
共通テストや大学入試に向けて「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
一通り読んで日本史の流れをつかむようにしましょう。

 

 

ア「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」のおすすめな使い方は?①(まずは一通り読む)

→量が多いので一度目はサラッと読むようにしよう

 

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」のおすすめの使い方の一つ目は、「まずは一通り読む」ことです。

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」は、日本史の内容が分かりやすく書かれている参考書です。

しかし、全部で4冊ありますので、一気に読むのには時間がかかります。(特に習っていない内容は理解するのに時間がかかるでしょう。)

そのため、1日20ページずつ読むなど小分けにして読んでいくようにしましょう。

 

たま吉
毎日少しずつ読むようにしたいニャー

 

 

イ「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」のおすすめな使い方は?②(定期的に読み返す)

→何度も読み返すことで少しずつ知識が頭の中に入る

 

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」のおすすめの使い方の二つ目は、「定期的に読み返す」ことです。

どんな人でも一回読んだだけでは本の全ての内容が頭の中には入りません。

そのため、定期的に読み返す必要があります。

ただし、2回目以降も一から全て読んでいたのでは時間がかかりすぎてしまいますので、特に読みたい部分などに絞って読むようにしましょう。

また、「イチから鍛える日本史必修編」「HISTORIA(ヒストリア)」などの問題集を解いているときや論述対策の際にも「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」を使って調べていくといいでしょう。

 

モモ先生
2回目以降は分からない内容を調べるために使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク