【大学受験物理】一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書の使い方は?

 

 

たま吉
物理の参考書の「一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学受験物理】一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書の使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

「一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書」を使って物理の流れをつかみたい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書の使い方は?」→最初に一通り読んで物理の流れをつかんでいこう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化学
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書とはどんな参考書か?

 

 

たま吉
一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書とはどんな参考書なのかニャー?
モモ先生
高校物理の内容が分かりやすく書かれている参考書ですよ。

 

 

物理の勉強は、

①物理現象を理解する
②基本レベルの問題を解く
③応用レベルの問題を解く
④共通テストや志望する大学の過去問を解く

というのが基本的な流れになります。

そして①の「物理現象を理解する」ところにつまづいてしまうと、物理が苦手に成りかねません。

そのような人向けに、大学受験の物理を勉強する上での最初の一冊として使える参考書が、「一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書」です。

 

 

 

 

この本は予備校講師である池末先生が書かれた本です。

物理には100近くの公式が出てきますが、それらを丸暗記するのではなく一つ一つを理解していくことで頭に残りやすくなります。

また、この参考書のレベルは高校初級レベルで基本的な内容が中心に載っています。

ですので、学校の授業で物理を習ったけどよく分からないという人は、「一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書」を読んで内容を理解することをおすすめします。(ただし、物理を全く習ったことがない人が読むのはやや難しいと感じるかもしれません。)

 

そして、一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書の特徴としては、

・公式の丸暗記は一切なし
・高校の物理が1つのストーリーでつながる
・数学が苦手な人でもわかる

といったものがあり、非常にわかりやすい参考書といえます。

 

たま吉
「一度読んだら絶対に忘れないの教科書」は分かりやすい参考書なんだニャー

 

 

 

 

一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書の使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

たま吉
共通テストや大学入試に向けて一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは一通り読んで物理の流れをつかむようにしましょう。

 

 

ア 一度読んだら絶対に忘れない世界史の物理のおすすめな使い方は?①(まずは一通り読む)

→予習用、復習用いずれも使える参考書

 

一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書のおすすめの使い方の一つ目は、「まずは一通り読む」ことです。

物理はある所で分からなくなると、それ以降の内容が全く分からなくなってしまいます。

そのため、まずは分かる所まで戻って、その内容をしっかりと理解するところから始めていきましょう。

特に言葉の定義や公式の導出部分、物理現象についてはよく読んでおくと物理の本質的な内容が分かるようになってきます。

それを繰り返すことで、問題演習をする際にスムーズに進めることができます。

 

たま吉
理解をするためにもじっくりと読むようにしたいニャー

 

 

イ 一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書のおすすめな覚え方は?②(定期的に読み返す)

→分からなくなったら読み返していくこと

 

一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書のおすすめの使い方の二つ目は、「定期的に読み返す」ことです。

どんなに頭のいい人でも一度読んだだけで全ての内容を頭に言えることはできません。

そのため、「一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書」は定期的に読み返す必要があります。

問題を解いているときなどにその内容が分からなくなったら、この本を読み返すようにしましょう。

それを繰り返すことで理解度が高まっていきます。

 

モモ先生
分からなくなったら参考書に戻って確認をするようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書の問題点は?

→問題が載っていない

 

一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書の問題点は、問題が載っていないということです。

この本はあくまで物理の勉強の導入に使う本です。

そのため、物理の問題は載ってないですし、細かい内容も書かれていません。

ですので、最初に一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書を読んだら、その後は物理の参考書(宇宙一わかりやすい高校物理など)を読んだり、「リードLightノート物理」などの基本的な問題集を解くようにしましょう。

 

たま吉
複数の参考書を使い分けるようにしたいニャー

 

 

 

 

 

スポンサーリンク