【大学受験世界史】はじめる世界史のレベルとおすすめの使い方は?

 

 

たま吉
世界史Bの問題集である「はじめる世界史」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学受験世界史】はじめる世界史のレベルとおすすめの使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「はじめる世界史のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

はじめる世界史を使って世界史の基礎固めをしたい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「はじめる世界史のレベルや使い方は?」→まずは要点部分を覚えるところから始めよう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化学
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

はじめる世界史とは?はじめる世界史のレベルは?

 

 

たま吉
はじめる世界史とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
共通テスト~MARCH・関関同立レベルの用語が載っている問題集ですよ。

 

 

ア はじめる世界史とは?はじめる世界史のレベルは?

→基本的な用語の復習ができる問題集

 

世界史の勉強は、

①歴史の流れをつかむ
②用語を暗記する(年号を覚える)
③問題を解く
④論述対策をする

というのが基本的な流れになります。

歴史の流れをおさえ、一問一答や年号の暗記を終えたら、ここでいよいよ問題演習に取り掛かります。

そして、最初に取り組むべきおすすめの問題集が「はじめる世界史要点&演習」です。

 

 

 

 

この問題集のレベルは共通テスト~MARCH・関関同立レベルで、全部で65のテーマに分かれています。

そして、テーマごとに問題が並んでいるため、学校で習ったところまでを復習したり、苦手な単元を集中的に克服したりといった使い方をすることができます。

 

また、はじめる世界史の特徴としては、

・各テーマの初めに要点があり、そこで重要語句を覚えることができる
・問題が全て入試問題でできているため過去問演習にもなる
・教科書の太字レベルの用語が中心で基礎固めに最適の問題集
・別冊には「入試に出る地図」があり、国や都市の位置を確認することができる

といったものがあり、一問一答で覚えた内容を確認できる問題集となっています。

 

たま吉
「はじめる世界史」は基礎固めに最適な問題集なんだニャー

 

 

はじめる世界史の使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

たま吉
共通テストや大学入試に向けてはじめる世界史はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは要点にある用語を完璧に覚えるようにしましょう。

 

 

ア はじめる世界史のおすすめな解き方は?①(まずは要点部分を完璧に覚える)

→用語を完璧に覚えるところから始めよう

 

はじめる世界史のおすすめの解き方の一つ目は、「まずは要点部分を完璧に覚える」ことです。

この本は「要点→実践演習」で構成されています。

そして要点部分には、歴史の流れが簡潔にまとめられており、さらに重要語句は赤字で書かれています。

そのため、みなさんがまずやるべきことは、赤シートで赤字部分を隠してその用語を覚えることです。

ここで出てくる用語は教科書の太字レベルのものがメインですので、完璧に覚えるようにしましょう。

また、覚える際には、

・別冊の「入試に出る地図」を見て国や都市、王朝の場所を確認する
・分からない用語は用語集で確認する
・より深い内容を知りたい場合は参考書資料集などを読む

といったことを行うようにして下さい。

不十分な理解のまま暗記してもすぐに忘れてしまいますので、ここは時間をかけて理解をするようにしましょう。

 

モモ先生
最初から細かい内容までやらないようにしましょう。

 

 

イ はじめる世界史のおすすめな解き方は?②(問題を解く)

→解けなかった問題はチェックをつける

 

はじめる世界史のおすすめの解き方の二つ目は、「問題を解く」ことです。

最初に要点の暗記をしましたが、暗記をした後では解けてしまいますので数日時間を空けてから問題を解くようにしましょう。(なお、問題を解く際には教科書や参考書を見ながら解かないようにしてください。)

そしてできなかった問題や一応できたけど知識があいまいな問題にはチェックをつけるようにして下さい。

もちろんここで終わりではなく、できなかった問題はしっかりと復習をするようにしましょう。

 

たま吉
最初にどれが覚えていてどれが覚えていないかを分けることが大事なんだニャー

 

 

 

 

ウ はじめる世界史のおすすめな解き方は?③(覚えていない用語を覚える)

→その日のうちに一度完璧にすること

 

はじめる世界史のおすすめの解き方の三つ目は、「覚えていない用語を覚える」ことです。

覚えていない用語は暗記をしない限り覚えることができませんので、ここでしっかりと意味を覚えるようにしましょう。

また、完璧に覚えるようにしないとなかなか知識が定着しません。

そのため、その日のうちに覚えるべき用語は完璧に意味が言えるようにしましょう。

 

そして、ここでの注意点は「用語と説明をリンクしながら覚える」ことです。

例えば、「19世紀におけるイタリアの統一運動は、( マッツィーニ )が組織した青年イタリア党の運動などが失敗した後に・・・」という問題があります。

このときに、マッツィーニの説明にあたる語句は、「イタリアの統一運動」「青年イタリア」にあたりますので、「19世紀におけるイタリアの統一運動は、( マッツィーニ )が組織した青年イタリア党の運動などが失敗した後に・・・」という風に、答えのマッツィーニだけでなく、それに関連する語句も覚えるようにしましょう。

特に共通テストでは用語の意味を理解していないと正解にたどり着くことができません。

そのため、しっかりと用語の周辺部分も覚えるようにしてください。

 

モモ先生
語句の周りの言葉も大切ですよ。

 

 

エ はじめる世界史のおすすめな解き方は?④(次の日に復習をする)

→一度覚えても時間が経つと忘れてしまう

 

はじめる世界史のおすすめの解き方の四つ目は、「次の日に復習をする」ことです。

用語の意味を完璧に覚えたとしても、しばらくするとそのほとんどを忘れてしまいます。

そのため、用語の暗記は定期的に行う必要があります。

 

用語の知識が定着するには最低3回以上復習をする必要があります。

特に暗記をした次の日に復習をすると知識が残りやすくなりますので、必ず翌日に復習をするようにして下さい。

その後もこまめに復習をしていきましょう。

そしてはじめる世界史が完璧になったら、

共通テストの過去問を解く
論述問題の対策をする
HISTORIA(ヒストリア)などのより難しい問題集を解く

といったことをやるようにしましょう。

 

たま吉
繰り返し覚えることが大切なんだニャー

 

 

 

 

 

スポンサーリンク