【大学受験英語】英文解釈の技術(超入門・入門・基礎)のレベル・使い方は?

 

 

たま吉
英文解釈の問題集はどれを使えばいいかが悩むニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は英文解釈の定番の問題集である「【大学受験英語】英文解釈の技術(超入門・入門・基礎)のレベル・使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「英文解釈の技術のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

英文解釈の問題集はどれを使ったらいいかで迷っている高校生及び浪人生

 

✓結論 

「英文解釈の技術の使い方は?」→最初に内容を理解し、その後は何度も音読をしよう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

スポンサーリンク

英文解釈の技術とはどんな問題集か?英文解釈の技術のレベルは?

 

 

たま吉
「英文解釈の技術」とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
文の構造が分かるようになる英文解釈用の問題集ですよ。

 

 

ア「英文解釈の技術」はどんな英文解釈の問題集か?

→英文の構造分析が詳しく書かれている英文解釈の問題集

 

「英文解釈の技術」シリーズは桐原書店から出ている英文解釈用の問題集です。

 

 

この問題集は4冊に分かれており、それぞれのレベルは

・超入門英文解釈の技術60 高校入試~入試基礎レベル
・入門英文解釈の技術70 高校基礎~中堅大・共通テストレベル
・基礎英文解釈の技術100 入試基礎~難関大学レベル
・英文解釈の技術100 最難関大学レベル

となっています。

 

ただ、私が実際にこれらの問題集をやってみたところ、それぞれワンランク下のレベルでやった方がいいと思います。

例えば、「入門英文解釈の技術70」は高校1年生からでもできるとあります。

確かに構文自体は易しめですが、出てくる単語はかなり難しいです。

そのため、高1であれば、その一つ下のレベルの「超入門英文解釈の技術60」からやった方がスムーズに進めることができます。(「超入門」も出てくる英文が難関私立高校から出る文章もあるため、人によってはかなり難しく感じます。)

 

また、「英文解釈の技術」シリーズの特徴としては、

・レベルごとに問題が分かれている
・文章の構造分析の解説が詳しい
・音読用の教材として使いやすい
・1冊の問題数が少ないため短時間で終わらせることができる

であり、英文の構造把握を理解したい人や音読の練習をしたい人におすすめの英文解釈の問題集といえます。

 

たま吉
できるだけ易しいレベルから取り組むといいんだニャー

 

 

スポンサーリンク

イ 英文解釈の技術シリーズの内容は?

→問題、文章の構造分析、速読トレーニングに分かれている

 

「英文解釈の技術」シリーズの構成は、見開き2ページで1つの内容について書かれており、それぞれ、

・例文
・例文の解説及び全文訳
・演習問題(別冊)

という形で構成されています。

 

この本の最大の特徴が、例文の中で大事な文章にはSVOCがふってあったり、前置詞句や関係詞節などにはかっこでくくられているため、英文の構造が一目でわかるようになっていることです。

解説が詳しいので、一通り例文を訳した後は、その解説をじっくりと読むようにしましょう。

 

モモ先生
「英文解釈の技術」は英文解釈の力をつけるのにうってつけの問題集ですよ。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

英文解釈の技術の使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

 

ちゃちゃ丸
共通テストや大学入試に向けて英文解釈の技術はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
「入門」か「基礎」までの内容はできるようにしましょう。

 

 

ア「英文解釈の技術」シリーズのおすすめな使い方は?①(「入門」か「基礎」まではやっておきたい)

→入門か基礎までできれば入試で戦える力はつく

 

英文解釈の技術のシリーズは全部で4種類あります。

その中で到達したいレベルとしては、

・英語が共通テストのみの場合や中堅私大を受験する場合→「入門英文解釈の技術70」
・難関国公立大・私立大を受験する場合→「基礎英文解釈の技術100」・「英文解釈の技術100」

となります。

 

英文解釈はある程度のところまではできるようにはなりますが、そこまでいったら難しい英文解釈の問題集をやるよりも長文読解の問題集や入試問題を解いた方が力がつきます。

そのため、無理に一番の上のレベルの「英文解釈の技術100」まではやらずに、「入門」「基礎」を仕上げたら、次のステップにいくことをおすすめします。

 

たま吉
早めに長文読解の練習をするようにしていきたいニャー

 

イ「英文解釈の技術」シリーズのおすすめな使い方は?②(まずは自力で例文を訳してみる)

→下に載っている単語の意味は見てもOK

 

「英文解釈の技術」シリーズのおすすめな使い方の一つ目は、「まずは自力で例文を訳してみる」ことです。

まずは例文に書かれている文章の意味を自力で訳していきましょう。

ただ、例文に出てくる単語がかなり難しいものもあるため、ページの下にある【語句】を見て単語の意味を確認しても構いません。(仮に「システム英単語」の英単語帳などで英単語の意味を完璧に覚えたとしても、知らない単語が多く出てくるので見ないとほぼ訳せない可能性があります。)

そして、訳し終えたら解説や日本語訳を読み、自分の書いた訳とどこが違っていたのかを確認していきます。

 

モモ先生
最初に自分で訳すことをやっていきましょう。

 

 

 

 

ウ「英文解釈の技術」シリーズのおすすめな使い方は?③(音読を繰り返す)

→音読を繰り返すことで文章を読むスピードが上がる

 

「英文解釈の技術」シリーズのおすすめな使い方の二つ目は、「音読を繰り返す」ことです。

例文の文の構造を理解したら、音声CDを使って音読をしていきます。

文章の意味を理解した上で音読をしていくと、英語の文章を読むスピードが格段に上がります。

特に共通テストは長文の量が多く、かつ解答時間が短いため文章を素早く読む力が必要になってきます。

そのため、英文解釈の技術に出てくる文章を何度も繰り返し読むようにしましょう。

 

たま吉
声に出して何度も読んで英文を速く読めるようにしたいニャー

 

 

エ「英文解釈の技術」シリーズのおすすめな使い方は?④(いつまでに仕上げるか?)

→できれば高3の1学期~夏休みまでには完成させたい

 

「英文解釈の技術」シリーズをいつまでに完成させたらいいかというと、高3の1学期~夏休みまでに一通り終わらせることが目標になります。

高1・高2のうちに英単語・英熟語の暗記、英文法の復習までができていれば、高3からは英語長文や英作文、リスニングの練習に時間を充てることができます。

そのため、理想としては高2の春休みから始め、遅くとも夏休みが終わるまでには「入門英文解釈の技術70」もしくは「基礎英文解釈の技術」までは終わらせるようにしましょう。

そうすることで秋からは過去問演習に時間を充てることができます。

 

モモ先生
遅くとも夏休みが終わるまでには完成できるようにしていきましょう。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

<まとめ>【大学受験英語】英文解釈の技術(超入門・入門・基礎)のレベル・使い方は?

 

 

 

今回の記事の「【大学受験英語】英文解釈の技術(超入門・入門・基礎)のレベル・使い方は?」の内容のまとめです。

 

①英文解釈の技術シリーズは全部で4冊ある
SVOCをしっかりとつかむようにしつつ、音読を繰り返しやっていこう
高3の1学期~夏までに終わらせるようにしよう

 

英語の力を上げるには、文章を素早く読む力と文の構造を把握する力の2つが必要です。

SVOCをつかみつつ、何度も音読をして文の構造を理解するようにしよう!

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「【大学受験英語】英文解釈の技術(超入門・入門・基礎)のレベル・使い方は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/eibunkaisyaku-gizyutsu/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~