中京大学日本史(2023)の入試対策、過去問分析、おすすめ参考書や問題集は?

 

 

たま吉
中京大学の日本史のおすすめ勉強法について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「中京大学日本史(2023)の入試対策と過去問分析、おすすめ参考書や問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「中京大学日本史の傾向と過去問分析、おすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

中京大学日本史の問題傾向やおすすめ勉強法を知りたい高校生や浪人生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

中京大入試過去問分析・教科別勉強法

①中京英語②中京大国語③中京大日本史④中京大世界史
⑤中京大理系数学⑥中京大物理⑦中京大化学⑧中京大推薦入試対策

 

 

スポンサーリンク

中京大学日本史の配点、試験範囲、難易度は?

 

 

たま吉
中京大学の日本史の傾向について知りたいニャー
モモ先生
原始から近現代まで幅広く出題されていますよ。

 

 

ア 中京大学日本史の配点は?

→全体の25~30%前後の配点

 

中京大学の日本史は工学部以外の学部で試験範囲となっています。

そして学部ごとに日本史の配点を見ていくと、

M方式(3教科型)100点(300点満点)
M方式(2教科型)100点(200点満点)
A方式(3教科型)100点(300点満点)
A方式(2教科型)100点(200点満点)
共通テストプラス方式

となっています。

 

たま吉
多くの学部で日本史が受験できるんだニャー

 

 

イ 中京大学日本史の難易度・解答時間・出題範囲は?

→難易度はやや難しめ

 

中京大学の日本史は大問が4題で試験時間は60分です。

また、解答の形式は、

M方式:全問マークシート方式
A方式:マークシート形式がメインで記述法も出題される

となっています。

 

また、よく出るジャンルとしては、

・時代別 原始から近現代まで幅広く出題されている
・分野別 政治・経済・外交・文化史の各分野から出題されている

となっています。

 

そして中京大日本史の難易度は標準レベルです。

教科書の内容をおさえておけばできる問題が多いですので、まずは教科書の内容をつかむことから始めるようにしましょう。

また、史料を読み解く力も必要ですので、史料問題対策もするようにしましょう。

 

たま吉
まずは教科書レベルの問題を解けるようにしたいニャー

 

 

 

 

中京大学日本史(2022)の過去問分析は?

 

 

たま吉
中京大学の日本史の問題について知りたいニャー
モモ先生
どの時代・地域からも満遍なく出題されていますよ。

 

 

下の過去問分析で出てくるページ数は山川出版社の「詳説日本史B」のページ数に対応しています。

また、太字の用語は特に重要な用語です。

例 糸割符制度(P178)
→「詳説日本史B」の178ページに載っている

 

 

なお、下で解説している問題はM方式(2022)の問題となっています。

 

 

ア 2022年中京大学日本史(第1問・古代史)

→難易度はやや高め

 

第1問は「源氏と平氏の台頭」がテーマの問題でした。

問1 平将門の乱で将門は平貞盛らに討たれました。(P82)

 

問2 伊勢平氏は院と結んで発展していきました。(P90)

 

問3 藤原純友の乱で純友は清和源氏の祖である源経基らに討たれました。(P83)

 

問4 醍醐・村上天皇の治世は延喜・天暦の治とたたえられるようになりました。(P69)

 

問5 安和の変では源高明が左遷されました。(P69)

 

問6 源頼政の祖先に源頼光がいます。(P84・年表)

 

 

 

 

問7 源満仲の子には頼光・頼信兄弟がいます。(P83)

 

問8 平家物語は鎌倉時代前期に成立しました。(P117)

 

問9 源頼信は上総で起きた平忠常の乱を鎮圧しました。(P84)

 

問10 やや難易度の高い問題です。

 

問11 源義家は前九年合戦後三年合戦で活躍しました。(P84)

 

問12 平正盛は源義親を出雲で討ちました。(P90)

 

たま吉
源氏と平氏についての細かい知識が問われたニャー

 

 

 

 

イ 2022年中京大学日本史(第2問・中世史)

→文化史の細かい内容が問われた

 

第2問は「鎌倉の文化」がテーマの問題でした。

問1・2 慈円は「愚管抄」の著者で、道理による歴史の解釈を試みました。(P116)

 

問3 「吾妻鏡」は幕府の歴史を編年体で記した史書です。(P117)

 

問4・5 金沢実時は六浦の金沢に金沢文庫を設けました。(P117)

 

問6 栄西臨済宗の開祖です。(P115)

 

 

 

 

問7 無学祖元は円覚寺を建てました。(P115)

 

問8・9 重源は勧進上人となって陳和卿の協力を得て東大寺再建に当たりました。(P117)

 

問10 観心寺金堂は折衷様の建築様式を取り入れた建物です。(P118)

 

問11 沙石集の著者は無住です。

 

問12・13 度会家行伊勢神道と呼ばれる神道理論を形成しました。(P116)

 

モモ先生
一問一答で細かい内容もしっかりと暗記するようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 2022年中京大学日本史(第3問・近世史)

→江戸の経済史や文化史が問われた

 

第3問は「江戸時代の経済」がテーマの問題でした。

問1・2 1643年とあるので徳川家光の時期で、田畑永代売買の禁止令の内容です。(P188)

 

問3 高掛物は村高を基準に付加された税のことです。(P189)

 

問4 西川如見は「華夷通商考」の著者です。(P117)

 

問5 村方三役名主・組頭・百姓代のことをいいます。(P187)

 

 

 

 

問6~8 井原西鶴は「好色一代男」や「日本永代蔵」などの著者です。(P212)

 

問9 石田梅岩は心学をおこし、儒教道徳に仏教や神道の教えを加味して、町人を中心とする庶民の生活倫理を説きました。(P227)

 

問10 借家・店借は家屋の一部や長屋の一部を借りて暮らす人のことです。(P191)

 

問11 江戸では日本橋の魚市場、神田の青物市場が有名でした。(P212)

 

問12 歌川広重は「東海道五十三次」などの作品を残しました。(P246)

 

たま吉
政治史だけでなく文化史や経済史などもおさえておきたいニャー

 

 

 

 

エ 2022年中京大学日本史(第4問・近世史)

→江戸~昭和の朝鮮・琉球などについて問われた

 

第4問は「ワシントン体制」がテーマの問題でした。

A

問1 ウィルソン大統領は14カ条を提唱しました。(P325)

 

問2 パリ講和会議に向けて、日本は西園寺公望と牧野伸顕らを全権として派遣しました。(P326)

 

問3 アメリカは国際連盟の常任理事国ではありませんでした。(P326)

 

問4 ヴェルサイユ条約によって日本は山東省の旧ドイツ権益の継承が認められました。(P326)

 

問5 三・一独立運動時の内閣は原敬内閣です。(P327)

 

 

 

 

B

問6 やや難易度の高い問題です。

 

問7 ワシントン会議に向けて、日本は加藤友三郎と幣原喜重郎らを全権として派遣しました。(P327)

 

問8 1902年には日英同盟が締結されました。(P295)

 

問9 九カ国条約の参加国にはポルトガルが含まれています。(P328)

 

問10 ワシントン海軍軍縮条約では主力艦の保有比率が定められました。(P328)

 

C

問11 加藤高明は憲政会の総裁を務めていました。(P332)

 

問12 田中内閣は満州軍閥の張作霖を支援しました。(P342)

 

問13 政府は枢密院の同意を取り付けてロンドン海軍軍縮条約の批准に成功しましたが、その後浜口首相は狙撃されました。(P345)

 

たま吉
教科書の注釈部分もしっかりとおさえておくようにしたいニャー

 

 

 

 

中京大学日本史の入試対策、おすすめ参考書は?

 

 

たま吉
中京大学の日本史で高得点を取るためのおすすめ勉強法を知りたいニャー
モモ先生
夏休みからは問題演習をメインの勉強ができるようにしましょう。

 

 

中京大学日本史の入試対策の基本的な流れとしては以下の通りです。

 

 

ア 高3の1学期まで

→今まで習った内容の復習+定期テストの勉強をしていこう

 

高3の1学期から本格的に日本史の受験勉強を始めていきます。(高1・2の間は定期テストの勉強だけでOKです。)

とはいえ、現役生の場合はまだ全ての時代を習ってはいません。

そのため、1学期の間は、

・受験勉強で今まで習った内容の復習
・定期テストの勉強を兼ねて近現代史の内容をマスターする

といったことをやっていくようにして下さい。

 

モモ先生
基礎固めを中心にやっていくようにしましょう。

 

また具体的な勉強方法は、

などです。

 

 

 

 

歴史の流れをおさえることや、用語を暗記することによって、その後の問題演習がスムーズに行くようになります。(中京大の日本史は教科書の下にある注釈の内容が聞かれることがありますので、隅々まで読み込むようにしましょう。)

なお、中京大の日本史は一部細かい内容の用語が問われることがあります。

しかし、いきなりそのようなレベルまでも覚えてしまうと一通り終えるのに時間がかかってしまいます。

ですので、最初は教科書の太字レベル(共通テストレベル)の用語を完璧にし、その後に細かい内容の用語を覚えていくようにしましょう。

 

たま吉
まずは知識を身につけるところから始めていきたいニャー

 

 

イ 夏休み

→まずは基本的な問題集を使って知識の確認をしていこう

 

夏休みからは本格的に日本史の問題演習をしていきます。

ただ、いきなり入試レベルの問題を解くのではなく、最初は基本的なレベルのものからやっていくといいでしょう。

それはこの段階で問題を解く目的は、「一問一答で身につけた知識が定着しているかどうかを確認する」ためだからです。

ですので、最初から難しい問題集をやってしまうと挫折することに成りかねないので気を付けましょう。

 

また、最初の1冊としておすすめなのが、「イチから鍛える日本史必修編」です。

 

 

 

 

この問題集のレベルは共通テスト~日東駒専レベルで、全部で40のテーマに分かれています。

そして、テーマごとに問題が並んでいるため、学校で習ったところまでを復習したり、苦手な単元を集中的に克服したりといった使い方をすることができます。

夏休みの間に習ったところまでをしっかりと復習するようにしましょう。

 

また、問題演習が終わり、時間に余裕のある人は、

年号の暗記「元祖日本史の年代暗記法」などを使って習った所までの年号を暗記する
②史料問題対策:「日本史史料問題一問一答完全版」などを使って史料問題を解く
③テーマ史対策:「流れがわかる日本史Bテーマ史ノート」などの問題集でテーマごとの歴史の流れをつかむ

をやっていくといいでしょう。

 

モモ先生
夏休みの間に基本的な問題集を完璧にできるようにしましょう。

 

 

ウ 秋~入試直前

→できるだけ多くの問題を解いて実践力をつけていこう

 

秋以降は問題演習がメインとなります。

みなさんの中には共通テストを受験せずに、私大入試に専念する人もいるかもしれません。

しかし、共通テストを受験するしないに関係なく、共通テスト(センター試験)の過去問を解くことをおすすめします。

それは、

・共通テストの対策をすることで、私大の共通テスト利用入試や共通テストプラス入試で合格しやすくなる
・共通テストの問題は標準的なレベルでかつ解説が詳しいため使いやすい
・私大の赤本の問題は解説があまり詳しくない

といったことがあるからです。

 

そのため、共通テストの過去問や予想問題集をまずは解くようにしましょう。

その後は、

・一問一答でやや細かいレベルの用語を覚える(特に文化史)
・教科書を読み返す(下の注釈や図や写真などもよく目を通す)
・応用レベルの問題集を解く

などして力をつけていくようにして下さい。

また、問題を解いてあまりできなかった単元は教科書や参考書を読み返したり、一問一答で用語の復習をしたりしてください。

 

そして、最後の仕上げに過去問演習に入ります。

まずは中京大学の問題を解き、それが終わったら他の大学の過去問を解くといいでしょう。

問題をたくさん解くことで実践力が身についていきます。

ただ問題を解いて終わりではなく、間違えた問題は教科書や参考書、資料集などを読んで理解を深めるようにしましょう。

 

モモ先生
できるだけ多くの問題を解くと力がつきますよ。

 

 

中京大学合格に向けた勉強法を知りたい人は

中京大学の入試科目、偏差値、口コミ、倍率、おすすめ勉強法は?

 

 

中京大学一般入試合格個別指導コースについて

 

 

当塾では中京大学を一般入試で受験予定の高校3年生を対象とした「私立大学・短大入試対策個別指導コース」がございます。

*現在高1・2年生の方は「高1・高2定期テスト・大学入試対策個別指導コース」から始まり、高3時に「私立大学・短大入試対策個別指導コース」に切り替わるようになります。

このコースの対象となる人は、

・一般入試で中京大学に合格したい人
・学校推薦型選抜での中京大学受験も視野に入れている人

です。

 

そして、当塾の指導プランとしては

①高1~高2 英語・数学の基礎固め
②高3 英語・国語などの入試対策及び過去問演習

となっております。(当塾では英語・国語を優先して指導し、それらが合格レベルに達した後で他の教科の指導をいたします。)

中京大学に合格したい方、受験を考えている方に合った指導をさせていきます。

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

 

スポンサーリンク