この記事を書いた人


西井佑一(にしい ゆういち)
愛知県豊橋市の「とよはし練成塾」の教室長。一人で中学生・高校生の全ての教科(英数理社国)を指導している。塾講師歴13年でこれまで集団塾・個別指導塾で指導経験あり。これまで多くの生徒を第1志望に合格させた経験を踏まえて勉強法や入試情報をお伝えします。

高校生の勉強法

英文解釈の勉強法|塾講師が勧める英文解釈の勉強法

英語の勉強は最初に「英単語」「英熟語」「英文法」といった知識を増やすことをしていきます。そして知識が身に付いた後はいよいよ英文解釈の練習をしていきます。今回は英文解釈の勉強法について紹介していきます。

この記事の目次

①英語長文の読み方は実は2つある

②英文解釈のオススメ参考書・問題集は?

③英語長文の効率的な解き方は?

④英語長文を読む時の注意点は?

⑤とよはし練成塾での指導法は?

①英語長文の読み方は実は2つある

花子さん
花子さん
英語長文がなかなか読めないんですが・・・
先生
先生
英語長文が読めるようになるには、まず「精読」が大事ですよ。

英単語・英熟語・英文法の勉強を終えた人は、いよいよ長文読解の練習に入っていきます。そして、長文の読み方ですが、これは大きく2つあります。それは、「速読」と「精読」です。以下詳しく見ていきましょう。

①速読

長い英文を短い時間で読み取り、書かれている内容をつかんでいく読み方です。共通テストや英検では年々文章量が長くなっていっています。そのため、日ごろから速読の練習をして、英文を素早く読めるようにする必要があります。

 

②精読

学校での授業のように、一文一文をじっくり読むことです。教科書などの勉強では、構文など文章の構造を理解しながら本文の意味を読み取っていきます。

また、分からない英単語や英熟語の意味は辞書等で調べながら読み進めていきます。

では、「速読」と「精読」のうち、初期の学習段階でやるべきなのはどちらでしょうか?それは、「精読」です。その理由は、一つの文章の意味や文構造が分からないと、文章全体の意味は当然分からないからです。

そのため、まずは精読(英文解釈)を徹底して行い、英語の文の構造を理解するようにしましょう。

【動画】 英文解釈ってそもそも何?やる必要あるの!

②英文解釈のオススメの参考書・問題集は?

花子さん
花子さん
英文解釈用のおすすめの参考書・問題集はありますか?
先生
先生
SVOCの振り分けがしてあること、音声CDがあること、さらに自分の難易度にあった問題集がオススメです。

本屋さんに行くと、非常に多くの長文読解の問題集や参考書が並んでいます。その中で有名なものと言えば、

・英文読解入門 基本はここだ!

・基礎 英文解釈の技術100

・ポレポレ英文読解プロセス50

・英文読解の透視図

・ビジュアル英文解釈

などがあります。しかし、個人的にオススメする教材はは、「高校とってもやさしい英文解釈 改訂版」(旺文社)です。

①「高校とってもやさしい英文解釈」がなぜいいのか?

東進の有名講師である大岩先生が効率を追及して作られた問題集です。1つの内容が見開き2ページで構成されており、左ページが解説内容、右ページが問題演習となっています。

この本のメリットは3つあります。

一つ目は、易しめの英単語で本文が構成されているという点です。この本は高校1年生レベルの英単語力があれば、無理なく文章の意味を理解できます。個人的には今出回っている英文解釈の参考書の中では、最も使いやすいものだと思っています。

これが他の問題集だと、本文に出てくる英単語のレベルがかなり高いため、分からない単語が出てくるたびごとで辞書で意味を調べることになり、やがてそれが積み重なるとやる気をなくしてしまうということになりかねません。

 

また二つ目は、問題に出てくる文章にSVOCが振られていることです。「どこまでが主語」「どこまでが関係代名詞節」といったことがこの本には詳しく説明されています。これがあることで、文章の理解度が格段に上がります

 

三つ目は、音声CDがついていることです。英語長文ができるようになるには、ただ問題を解いて終わりではなく、同じ文章も何度も繰り返して読むことが大切です。「英語を英語のまま理解できるようになるまで読んでください。」と大岩先生は言っています。ですので、ぜひ徹底して反復練習をするようにしましょう。

②最初に文法用語を確認しておこう

「高校とってもやさしい英文解釈」の「構造分析」を活用するためには、SVOCの5文型を中心に、一通り文法用語を理解しておかなければいけません。

問題演習に入る前に、「とってもやさしい」の序章(基本のおさらい)をよく読みましょう。そこには、文法用語の説明を初め、

・英文はなぜ長くて読みにくいのか?

・文型の基本

・訳し方の基本

といったことも書かれています。ここの部分があいまいだと、どこかで詰まってしまいますので、ぜひ完全理解できるまで繰り返し読むようにしましょう。

なお、それらを見てパッと何を言っているのかが分からない場合は、「成川の「なぜ」がわかる英文法の授業」など、易しい英文法の講義の参考書で確認してから、「とってもやさしい」に取り組んでいきましょう。

③英文解釈の効率的な解き方は?

先生
先生
今からは英文解釈の効率的な解き方について見ていきましょう。

【動画】英文解釈の勉強法

 

①ポイントを読み内容を理解する

最初にポイントを読み、内容を理解していきます。例えば、過去分詞の単元であれば、「過去分詞とは何か?」「過去分詞がある文ではどうやって読み解いていくのか?」といったことをしっかりと理解するということです。

②SVOCの品詞分けして文構造を把握

次に問題演習に取りかかっていきます。問題文にSVOCを書きこみ、文構造を把握していきましょう。

そして英文は必ず「主語(S)+動詞(V)」で構成されているため、最初は主語と動詞を見つける練習を徹底的にしていきましょう。

また、5文型を意識して読む、「文の切れ目=カタマリ」を探しながら読むといったことも必要になってきます。

なお、解いていく中で分からない英単語が出てきた場合は、辞書などで調べず、意味を推測して解くようにしましょう。

③解説をじっくりと読む

問題を解いた後は答え合わせをし、「自分の把握した文構造に間違いはないか?」などを確認していきます。そして、間違えたところは解説をじっくりと読み直し、書かれている内容を自分の言葉で説明できる状態にまで仕上げていきます。

④音声CDを使って音読を繰り返す

最後に音読を繰り返します。音読をすることで、英文の並びやリズムが頭の中に染み込み、理解度が増します。最低10回以上は音読するようにしましょう。

⑤全ての問題ができるまで繰り返す

一回目で間違えた問題は再度解き直しをします。そこで正解すればOKですが、そうでない場合は再度解説を読み直します。全ての問題ができるようになるまで繰り返し解き直しましょう。

⑥英語長文の学習はいつから始めるべきか?

英文解釈の勉強を始めるのは、英単語、英熟語、基礎的な英文法の暗記が終わってからです。つまり、基本的な知識を習得してから英文解釈の勉強を始めるのが鉄則です。

また、長文は読めば読むほど、読解力はついていきます。できれば入試までに「200長文」を読むようにしましょう。

・自分のレベルにあった問題集を選ぶこと!

・自分の言葉で「なぜそうなるのか?」を説明できるようにすること!

・おすすめの長文読解は「高校とってもやさしい英文解釈」!

⑤とよはし練成塾での指導法は?

先生
先生
とよはし練成塾での英文解釈の指導法について紹介します。

対象生徒:国公立大学や私立大学など、大学受験で英語が必要な生徒

とよはし練成塾では、大学受験を中心に学習する生徒や推薦入試を目指して定期テストの勉強に力を入れている生徒など、様々な学生が在籍しています。

その中で国公立大学や難関私立大学を受験する生徒には、英単語がある程度覚えた段階で、英文解釈の宿題も出しています。

やり方は、

1.一通り解く

2.SVOCなどの構造分析を行う

3.文章の意味を理解する

4.問題の解説を自分の言葉で理解できるようにする

5.音読を繰り返す

といった流れとなっています。ただ、最初の授業はやり方を伝えるために、授業内で上の1~5のことをやっていきます。

教材は上で紹介した「高校とってもやさしい英文解釈 改訂版」を使います。この本で英文解釈の基礎を固め、のちの長文読解につなげます。

「とってもやさしい」が完成した後は、英語長文の問題集や、速読用の教材などを使って実践力を高めていきます。

無料体験授業お問い合わせ