この記事を書いた人


西井佑一(にしい ゆういち)
愛知県豊橋市の「とよはし練成塾」の教室長。一人で中学生・高校生の全ての教科(英数理社国)を指導している。塾講師歴13年でこれまで集団塾・個別指導塾で指導経験あり。これまで多くの生徒を第1志望に合格させた経験を踏まえて勉強法や入試情報をお伝えします。

高校生の勉強法

【簿記3級勉強法】独学でゼロから合格する方法とおすすめテキストは?

毎年商業高校の生徒をはじめ、多くの人が受験する日商簿記検定ですが、簿記はビジネス全般に必要な知識です。簿記を学習することで、企業の状況や経済について知ることができたり、大学入試や就職試験でも有利になります。今回は、独学で簿記3級をゼロから一か月で合格する方法について紹介します。

この記事の目次

①簿記を学習するメリットは?

②日商簿記検定の試験制度は?

③日商簿記3級の出題傾向は?

④独学で簿記3級を合格するための方法は?

⑤おすすめのテキスト・問題集は?

⑥私の合格体験記

⑦とよはし練成塾での指導法は?

①簿記を学習するメリットは?

花子さん
花子さん
今度簿記検定を受けようと思うのですが、簿記って役に立ちますか?
先生
先生
簿記を学ぶメリットはたくさんありますよ。最初にそれから見ていきましょう。

「簿記」とは、会社や商店が日々行う様々な経済活動を、一定のルールに従い帳簿に記録をし、これに基づいて利害関係者に報告するまでの一連の流れをいいます。簡単に言えば、「会社の家計簿」のようなものです。

また、簿記はただ取引を記録するだけでなく、「会社の経営成績を明らかにする」ことと、「会社の財政状態を明らかにする」といった目的もあります。

そして、簿記を学ぶことは実に様々なメリットがあります。それは、以下の通りです。

・大学入試や推薦に役に立つ

・経済ニュースが理解できるようになる

・就職や転職に役に立つ

・ビジネス全般に役に立つ

・税理士や公認会計士を受けるための基礎知識が身に付く

このようなメリットが多くあるため、日商簿記検定を受験することをぜひおすすめします。

②日商簿記検定の試験制度は?

花子さん
花子さん
日商簿記検定の詳しい試験制度を教えてください。
先生
先生
簿記は年2~3回試験があり、合格率が70%の試験です。

次に日商簿記検定の試験制度についてみていきます。

【受験資格】

年齢・性別・学歴・国籍など一切の制限はありません。

 

【試験科目等】

①3級 商業簿記【100点】(解答時間:2時間)

②2級 商業簿記【60点】・工業簿記【40点】(解答時間:2時間)

③1級 商業簿記【25点】・会計学【25点】(解答時間:1時間半)

工業簿記【25点】・原価計算【25点】(解答時間:1時間半)

*合格基準はいずれも70%以上

 

【受験料】

1級 7,850円 2級 4,720円 3級 2,850円

 

【試験日】

①6月【6月第2日曜日】

②11月【11月第3日曜日】

③2月【2月第4日曜日】*2・3級のみ

 

【試験会場】

全国の商工会議所が指定する会場

*申し込み方法は各商工会議所にお問い合わせください。

 

【解答速報(第154回)】

試験終了後、各予備校で解答速報が公開されます。

TAC

大原

LEC

【合格発表】

試験後約1~2月後(先にネットで合否確認ができます)

 

また、近年の受験者数・合格率(3級)は以下の通りです。

第150回【2018年11月】

受験者数88,774人 合格者数38,884人 合格率43.8%

第151回【2018年2月】

受験者数80,360人 合格者数44,302人 合格率55.1%

第152回【2018年6月】

受験者数72,435人 合格者数40,624人 合格率56.1%

近年は合格率が高めですが、第152回から新論点が導入されているため、今後の合格率や難易度の推移は不明です。

③日商簿記3級の出題傾向は?

花子さん
花子さん
日商簿記3級にはどういった問題が出るのですか?
先生
先生
仕訳・試算表・精算表が問題の中心です。

【動画】日商簿記3級を最短で合格するための方法は?

 

ここでは日商簿記3級の出題傾向についてみていきます。

【配点と目標点数】

第1問(20点) 仕訳問題が5問出題されます。【目標点:16点】

第2問(10点) おもに帳簿に関する問題が出題されます。【目標点:8点】

第3問(30点) 試算表の作成問題が出題されます。【目標点:24点】

第4問(10点) 伝票、訂正仕訳、勘定記入、決算仕訳などの問題が出題されます。【目標点:8点】

第5問(30点) 精算表や財務諸表の作成問題が出題されます。【目標点:24点】

*目標点数は一般的な難易度の場合の時の点数です。難易度の上下により目標点は多少前後します。

【新傾向の追加論点は?】

第152回の試験から簿記3級の試験内容が変わりました。以下の内容が新しく追加されます。

・複数預金口座の管理

・電子記録債権・債務

・差入保証金(敷金など)

・減価償却費の月次計上

・利益積立金の積立、剰余金の配当

・法人税、住民税及び事業税

・法定福利費

・貯蔵品(通信費・租税公課より)

・決算整理後残高試算表

【問題の解く時間と目標時間】

3級では「第1問【15分】→第3問【40分】→第5問【35分】→第2問【15分】→第4問【15分】」の順に解くのが鉄則です。

④日商簿記3級に独学で合格する方法は?

花子さん
花子さん
日商簿記3級に独学で合格する方法を教えてください。
先生
先生
簿記3級は理解をすれば必ず合格できる試験ですよ。

【動画】 簿記検定の勉強法

①簿記3級は簡単な試験なのか?

合格率を見ると、簿記3級は約40~50%もあるため、「比較的易しめの試験では?」と思う人もいるでしょう。

しかし、実際はそうともいえません。その理由は2つあります。

①初学者にとって簿記とは未知の世界だから

→簿記を始めて勉強する人にとって、「減価償却費」「繰越利益剰余金」といった勘定科目や試算表・精算表の処理などはなじみのないものです。それらを理解し、計算が完璧にできるようにならないと試験で合格点をとることができません。

②合格者の中にはベテランや商業高校の生徒が多くいるため

→簿記を受験する人の中には、何回も受験している人や商業高校の生徒が含まれています。そういった人々は初学者に比べ、相当の練習をして本番に臨んでいます。よって、本当の意味での初学者のみの合格率はもっと低いものといえます。

こういったことから、簿記3級は決して簡単な試験ではないということを肝に銘じて勉強するようにしましょう。

②そもそも独学で合格が可能なのか?

結論から言えば、独学で合格は可能です。その理由は、

・分かりやすい参考書が多く出版されている

・簿記の授業DVDが安い値段で入手できる

・YouTubeで無料で動画授業を見ることができる

といったことが挙げられます。そのため、独学でも十分に合格は可能です。ただし、やる気のない人や勉強が継続できない人は合格は難しいです。

ただ、どうしても独学では難しいという人は資格の学校に通うことも一つの手でしょう。「TAC」「LEC」「大原」などがおすすめです。

資格の学校一覧

TAC

LEC

大原

③計算が苦手なのですが大丈夫でしょうか?

数学が苦手な人でも簿記の内容は十分に理解できます。それは、簿記の計算はほとんどがたし算かひき算といった簡単な計算だからです。(中学校や高校で習った因数分解や方程式の計算は出てきません。)

また、簿記試験の計算は電卓で行いますし、簿記3級において複雑な数式が出てくることはありません。そのため、数学が苦手な人でも簿記は得意になることができます。

④簿記3級合格に必要な勉強時間は?

一般的に簿記3級初心者の方が合格に必要な時間は100時間と言われています。また1日1時間勉強をするということになると、学習期間は3か月程度とみた方がいいでしょう。

そうなると、

・6月受験の場合→3月からスタート

・11月受験の場合→6月からスタート

・2月受験の場合→11月からスタート

となります。

⑤おすすめのテキスト・問題集は?

ここではおすすめのテキストや問題集について紹介します。独学で勉強する上で大事なのが、「分かりやすい」テキストかどうかということです。

【テキスト+問題集】

・「スッキリわかる日商簿記3級テキスト+問題集」(TAC出版)

この本は、随所に分かりやすい工夫がされており、

・イラストや図が豊富にあるため読みやすい

・ストーリー性があるので取引をイメージしやすい

・A5判(教科書くらいのサイズ)で持ち運びしやすい

という特徴があり、非常に使いやすい1冊です。また、個人的にいいなと思った点は、

・仕訳の下に「資産の増加」「負債の減少」といったように、どういう変化があったのかが詳しく書かれている

・最初に「仕訳」「試算表」「精算表」の行う意味について詳しく書かれている

といった点が非常にわかりやすくよかったです。

また、この本はテキストと問題集が1冊にまとめられているため、大変リーズナブルとなっています。(値段は1,000円)

なお、テキストの内容がどうしても分からないという人向けに、テキストの内容を詳しく説明した授業DVDも別売で発売されています。

テキストを読み、同時に問題を行い知識を固めていくと良いでしょう。

 

・「スッキリとける日商簿記3級過去+予想問題集」(TAC出版)

「スッキリわかる」で一通り簿記3級の内容を確認した後に、「スッキリとける」で過去問及び予想問題の演習をしていきます。

過去問が6回分と予想問題が3回分、及び新傾向問題が1回分で構成されています。

おすすめの解き方は、「過去問は横に解き、予想問題は縦に解く」ことです。これは、6回分の過去問は、第1問の仕訳だけを6回分解く→第3問6回分→第5問6回分・・・というように、同じ問題を6回連続で解くということです。

これにより、問題のパターンがつかめ、同時に自分の課題がわかります。そして予想問題集では、普通に「第1回」「第2回」「第3回」と解いていきます。

この本をやり込むことで、得点力は間違いなくアップします。

 

・「第〇回をあてるTAC直前予想 日商簿記3級」(TAC出版)

最後の仕上げとしてやる問題集です。この本は特に近年の傾向を存分に取り入れて問題が作られているため、必ずやっておくべき問題集です。

また、出題予想や問題の解く順番、仕訳カード、無料解説動画など中身が充実しています。繰り返し解き本番に挑みましょう。

⑥私の合格体験記

私(西井)は第153回の試験を受験し、98点で合格しました。合格のためにどのような勉強をしたのかについてまとめました。

①テキストをしっかりと読む

最初にやったことは「テキストをしっかりと読む」ことです。その中で特に意識したことは、

・資産・負債・資本・収益・費用の違い

・仕訳・元帳・試算表・精算表・貸借対照表・損益計算書の一連の流れ

仕訳を完璧に理解する

の3つです。特に「仕訳」は何となくできるではダメで、でてきた仕訳が資産・負債・資本・収益・費用のどれなのか、借方に来たのは資産の増加なのか、負債の減少なのか、費用なのか、収益の減少なのか、ここまで完璧に理解できるようにしました。

また、私が使ったテキストは「スッキリわかる日商簿記3級」で、この本には問題も収録されているため、仕訳を理解した後にすぐに問題を解くようにしました。

②過去問を解く

次に過去問題にチャレンジします。使った問題集は「スッキリとける日商簿記3級」です。この本は過去問6回分と予想問題3回分で構成されていますが、最初に過去問6回分を解きました。

ただ、知識がまだまだ曖昧であったため、私は同じ大問を一気に6回分解きました。つまり、

第146回の第1問→第147回の第1問→第148回の第1問→第149回の第1問→第150回の第1問→第151回の第1問

というように、まずは仕訳だけを6回分解きました。そして解いた後は解説を読み、場合によっては参考書に戻って確認をしました。

最初のうちは、見慣れない仕訳が次々に出てくるため、点数が伸びませんでしたが、練習を重ねるうちに、「あっ、この仕訳見たことある」状態になり、少しずつできるようになってきました。

第1問が完成した後は、第3問の6回分、第5問の6回分・・・と順々に行いました。

過去問で「解き方」を学んだ後は、予想問題です。これは、普通に時間を計って120分で解きました。ただ予想問題の3回の平均点数は70点いくかどうかでした。

③予想問題で仕上げる

最後に予想問題集を使って、知識の最終確認を行いました。使った問題集は「第153回をあてるTAC直前予想 日商簿記3級」です。

この本は非常に使いやすく、また新論点の内容もたくさん問題に出ていたため、やり込むことで一気に点数を伸ばすことができました。

予想模試3回分とおまけの1回分が収録されています。時間をきっちりと計り、解説を読み、またできなかった問題は繰り返し解き直しました。そうすることで最終的に80点後半くらいまでいきました

④試験当日の流れ

そうして約一か月間勉強をして、いよいよ令和元年11月17日(日)に試験本番を迎えました。

前日に受験票などをよく読んで見たら、

・試験会場が高校の場合は、上履きを持参すること

・試験会場によっては時計がないので、時計を持参すること

・身分証明のため、学生証・免許証・マイナンバーを持ってくること

といった注意があったため、きちんと用具をそろえていきました。(電卓は当然忘れないように持っていくようにしましょう。)

そして朝9時から試験の説明が始まり、9時15分に試験が開始しました。(なお、会場を見渡すと大学生の方が多く受験したように見えました。)

私の解いた順番は「第1問→第2問→第4問→第5問→第3問」です。第1問の仕訳は多少迷うものもありましたが、全部できました。

第2問・第4問では、第2問が受取家賃と前払家賃の勘定記入、第4問が商品有高帳でした。(第2問が難しかったです。)

そして第5問は精算表、第3問は試算表とここはいつも通りでした。トータルで見れば標準的な難易度だったように思えます。

しっかりと勉強した成果が出てよかったです。

・簿記を学ぶことでさまざまなメリットがある!

・何となくできるのではなく、「なぜそうなるのか?」を理解しながら問題を解くこと。

・問題集・テキストはTAC出版のものがおすすめ!

⑦とよはし練成塾での指導法は?

先生
先生
とよはし練成塾での簿記の指導法について紹介します。

とよはし練成塾では、大学受験を中心に学習する生徒や推薦入試を目指して定期テストの勉強に力を入れている生徒など、様々な学生が在籍しています。

高校生の中には商業高校(豊橋商業高校・国府高校・成章高校)に通っている生徒もいます。そのため、5教科の勉強に加え、簿記の指導もしています。

簿記の指導法としては、以下の通りです。

1 試算表や精算表の問題では家で事前に仕訳をしてくる(それにより塾内での時間短縮を図ることができる)

2 授業内で精算表や試算表の問題を解く

3 仕訳が分からない所や処理の仕方が分からない所の質問に対応する

4 分からなかった部分を自分の言葉で説明できるようにする

なお教材は学校で使用している教材を使います。(塾で改めて簿記用の教材を使うことはありません。)

簿記2級に合格し、かつ内申点が一定以上あれば、愛知大学や名城大学の推薦入試の条件を満たすことになるため、簿記2級の合格を目指して指導しています。

愛知県内の大学で簿記を持っていると有利な主な大学

・愛知大学

・名城大学

・中京大学

・愛知学院大学

無料体験授業お問い合わせ