この記事を書いた人


西井佑一(にしい ゆういち)
愛知県豊橋市の「とよはし練成塾」の教室長。一人で中学生・高校生の全ての教科(英数理社国)を指導している。塾講師歴13年でこれまで集団塾・個別指導塾で指導経験あり。これまで多くの生徒を第1志望に合格させた経験を踏まえて勉強法や入試情報をお伝えします。

愛知県高校入試

愛知県高校入試(英語)の過去問分析とおすすめ問題集、解き方は?

【豊橋の学習塾】「とよはし練成塾」の西井です。今回は2020年愛知県高校入試(英語)の過去問分析とおすすめ問題集、解き方(令和2年度)についてみていきます。

 

①愛知県高校入試(英語)の平均点は?

平成31年度の愛知県公立高校入試の英語の平均点は、22点満点中で

Aグループ 11.0点(得点率50.0%)

Bグループ 11.2点(得点率50.9%)

とだいたい5割前後の得点率となっています。5教科の中では理科に次いで難しい科目です。(英語は科目の性質上満点近く取れる生徒と、一桁の点数しかとれない生徒に分かれがちな教科です。

また、東三河の学校での目標点は以下の通りです。

時習館 18点以上

*英語が得意な人は満点狙いもOK!

豊橋東・豊丘 14~16点以上

*英語が得意な人は19点以上も可能。苦手な人は内申点か他の教科でカバーする

豊橋南・小坂井・成章 10~12点以上

その他の高校 10点以上

英語は得意不得意が分かれる教科です。苦手な人は一桁の点数の可能性が非常に高いです。ですので他の教科(国語・社会・数学)で補うようにして下さい。

英語は普段から勉強していないとなかなか点数を伸ばすことが難しい科目です。ですので、入試直前だけ勉強をしても力はつきません。とはいえ英語の勉強を疎かにしてしまうと、高校入学後学校の授業についていけなくなる可能性がありますので気を付けてください。

また、英語はリスニング+筆記試験で構成されています。

【リスニング】

・1つ1つの文章が短いため聞き取りやすい

・「次に何をするのか?」という問いが多いため、会話の流れを理解する必要がある

 

【筆記試験】

問1 自由英作文

毎年出題形式が変わるため、真の英作文力がないと正解しにくい

・配点は2点だが、部分点があるらしい

問2 慣用表現・文法(穴埋め問題)

・3問出題

・慣用表現などを知っておくと1~2点取れる

・単語の一文字目がアルファベット表記されているため、答えを出しやすい

問3 長文読解

・説明文中心で社会や理科の背景知識があると読みやすい

・語形変化、適語補充、並び替え、内容説明と様々な問題が出題される

・内容一致問題は「正しいものを全て選べ」と正解の数が明示されていないため、正解を出しにくい

問4 会話文

・穴埋め問題が多い

→文章の流れや慣用表現、英文法を知っていないと答えを出しにくい

・最後の(4)は要約問題。基本は本文中に答えがあるが、ない場合もある

となっています。基本的な戦術としては、リスニングで5点を狙うことです。そうすれば、残りの筆記問題である程度の点数を取れば合格ラインに乗せることができます。

 

【豊橋の学習塾】英語の愛知県高校入試対策は「とよはし練成塾」
無料体験授業お問い合わせ

②英語を受験する際の注意点は?

【動画】愛知県高校入試英語の時間配分・解き方は?

 

 次に英語を受験する上での注意点についてみていきます。

①リスニングで失敗しない

英語はリスニングのテストが最初にあり、その後筆記試験があります。ですので、最初のリスニングで失敗すると、「英語ダメかも」と思ってしまい、筆記試験でいい結果を残すことができません。

なお、失敗する原因としては、

・英単語をあまり覚えていない

・リスニングの練習をあまりしていない

などが挙げられます。つまり、失敗をしないためには、「練習」を多くすること以外ありません。ですので、英単語や慣用表現を覚えることやリスニングの練習をすることなどをしっかりとしていきましょう。

②英語の解く順番は「英作文が最後」が基本

英語の入試問題は「英作文→穴埋め→長文読解→会話文」の順で構成されています。これを順番通りに解いてしまうと時間が足りなくなる可能性があります。

解く順番でおすすめなのが、「穴埋め→会話文→長文読解→英作文」です。最初は穴埋め問題(第2問)です。ここは知っているかどうかの知識問題ですので、比較的短い時間で解くことができます。

次に「会話文」です。会話文は長文読解に比べると難易度が低く、短い時間で読むことができるため、早めに解いていきましょう。

その後は「長文読解」です。内容を理解するのに時間がかかるかもしれませんが、段落ごとに簡単に要約するなどして、文全体の意味をつかんでいきましょう。

最後に「自由英作文」です。英作文は英語が苦手な人はまず点数が取れません。ですので最後に回し、時間があれば解いていくと良いでしょう。

一方で英語が得意な人はあえて最初にやってみるのもありです。問題文や絵、表、条件などを元に正しい英文が書けるようにしましょう。

 

【豊橋の学習塾】英語の愛知県高校入試対策は「とよはし練成塾」
無料体験授業お問い合わせ

③愛知県高校入試の過去問を分析してみた

・愛知県高校入試(英語)の過去問一覧

平成31年度Aグループ(英語)平成31年度Bグループ(英語)
平成30年度Aグループ(英語)平成30年度Bグループ(英語)
平成29年度Aグループ(英語)平成29年度Bグループ(英語)

 

ア 平成31年度Aグループ分析

リスニング第1問 2人の会話を聞き、次に何を話すかを予想する問題

第2問 文章を聞き、正しい答えを選ぶ問題

→文章量が短いため難易度は易しめ。

自由英作文絵(母親が自転車に乗っている子供を後ろから押す)を見て、英文を答える問題

→「hold」「help」の単語を使って、文を表していく必要がある

正答例

①In this picture, a mother 【is holding a bike for her son】.

②I hope that he will【ride the bike without her help】.

①で現在進行形「be動詞+動詞のing形」で表す、「息子」の前に「her」をつける必要あり。

②ではwithout「~なしで」が使えるかがポイント。愛知県高校入試ではよく出る。

穴埋め問題【本文】留学中のナンシーと健が高校野球について話している

①は「was impressed with~」【慣用表現】

②は「for the first time」【慣用表現】

③は「keep~in mind」【慣用表現】

*慣用表現を覚えていれば完答可能。

長文読解(1)語形変化

(A)の前にbe動詞があるので、進行形か受け身の形となる。

(2)穴埋め問題

(①)部分を含む文章を読むと、「インターネットを見ると、彼らは〇〇の仕方を教える多くのウェブサイトにたどり着くことができる」とあるので、そこから答えが出る。

(3)並び替え問題

「got tired」で「疲れた」、「when~」で「~のとき」、「had to meet」で「会わなければいけなかった」の英文法が問われた。

(4)内容説明

正解は「エ」。第5段落に根拠がある。

(5)内容一致(正しいものを全て選ぶ問題)

選択肢「エ」は第5段落、選択肢「カ」は第6段落にある

会話文問題(1)穴埋め問題

会話の前後を読み、正しい文章を入れてみること

(2)適語補充

(ア)の後ろにはmouths,eyes,noses・・・とあるのでそれがヒント

(イ)は前にhaveがあるので現在進行形の文章になる

(3)適語補充

「like」は「好きだ」以外にも「~のような」の意味があるので注意

(4)要約

(X)の「importance」はローラの3番目の会話がヒントになる

(Y)の「test」はローラの4番目の会話がヒントになる。

 

イ 平成31年度Bグループ分析

リスニング第1問 2人の会話を聞き、次に何を話すかを予想する問題

第2問 文章を聞き、正しい答えを選ぶ問題

→文章量が短いため難易度は易しめ。

自由英作文絵(合唱コンクール)を見て、英文を答える問題

→「contest」「good」の単語を使って、文を表していく必要がある

正答例

①In this picture, students 【are singing a song for a contest】.

②I hope that he will【win a good prize in the end】.

①で現在進行形「be動詞+動詞のing形」で表す、「歌」「コンテストの前に「a」をつける必要あり。

②で「in the end」を付け加えられるかどうかがポイント。(ないと7語以上にならないため)

穴埋め問題【本文】留学中のポールと舞が花壇の花に水を与えることについて話している

①は「be going to~」【慣用表現】

②は「hotter than」【英文法(比較)】

*「hot」の後ろに「t」がもう1つつくことに注意

③は「take care of~」【慣用表現】

長文読解(1)語形変化

(A)の前にhaveがあるので、現在完了の形となる。

(2)穴埋め問題

(①)部分を含む文章を読むと、「人々は雪の結晶について知っているが、彼らの多くは〇〇を知らない」とあり、さらに次の段落以降はその歴史について書かれているので、そこから答えが出る。

(3)並び替え問題

「how he caught them」は間接疑問文【疑問詞+主語+動詞】。

(4)内容説明

正解は「ア」。第3段落に根拠がある。

(5)内容一致(正しいものを全て選ぶ問題)

選択肢「イ」は第4段落、選択肢「オ」は第5段落にある

会話文問題(1)穴埋め問題

会話の前後を読み、正しい文章を入れてみること

(2)適語補充

(A)を含む文は「だからここ日本には〇〇の国からの多くの学生がいます」となる。文脈にあう英単語を入れればよい。

(3)適語補充

アは「people」。文は「中国は今とても多くの〇〇がいます」となるため分かりやすい。

イは「made」。前が「You`ve」なので現在完了形になる。

(4)要約

(X)の「students」はパティーの4番目の会話がヒントになる。

(Y)の「decision」は前文の「I decided to come here to study by himself.」がヒントとなる。

 

【豊橋の学習塾】英語の愛知県高校入試対策は「とよはし練成塾」
無料体験授業お問い合わせ

④愛知県高校入試(英語)の解き方は?

【動画】英語長文を読むときのポイントは?

 

ここでは、愛知県高校入試の英語の効果的な解き方についてみていきます。まず、解く順番は先ほども書きましたが、

穴埋め問題→会話文→長文読解→自由英作文

の順で解くようにしましょう。これが一番時間切れにならない順番です。次に分野別の解き方は以下の通りです。

1 リスニング

リスニング問題は5問出題されます。ここで取りこぼすと英語で高得点を取ることができませんので気を付けてください。

リスニング問題で聞き取る際にやってほしいことは以下の通りです。

1 時刻や日時,数量などをしっかり聞き取ること

2 会話の最初を集中して聞くこと
*1番大切な話題や状況説明が会話の最初に話されることが多いため

3 何度も繰り返される固有名詞はキーワードとして注目

4 聞き取る内容を日本語に訳するのではなく、内容を頭の中でイメージすること

これらのことを意識して聞き取る練習するようにしましょう。

2 自由英作文

愛知県高校入試の自由英作文は、他の県のものとは違い、かなり条件が指定されているため、実質普通の英作文に近い形になっています。

英作文を解く際のポイントは、

「まずは日本語で文を考える」

できるだけ簡単な日本語表現にする

です。書く文章が思いついたのはいいけど、それを英語にできないのでは文章にすることができません。そのため、自分が書ける文章に直せるようにしましょう。

また、英作文を書く際に気を付けるべきポイントは以下の通りです。

1 主語+動詞~の順で始める

2 名詞の前には「a」や「the」、「my」などをつける

3 時制(現在・過去・未来)を確認する

 

3 長文読解・会話文

最後に長文読解と会話文です。

ア 英語の問題の読み方は?

これらの問題を解く際のコツは、

・先に問題文を読む

・段落ごとに簡単に要約する

です。「先に問題文を読む」ことで、本文を読む際に、「ここは問〇の問題文の答えになりそうな部分だな」というのが分かるため、メリハリをつけて読むことができます。

また、長文は長いため、1つの段落を読んだら、簡単に要約をしていくとよいでしょう。そうすることで、最後まで文章を読み切った時に、「あれ、最初の方何が書かれてたっけ?」ということを防ぐことができます。

例として平成31年度A日程の第3問の長文を段落ごとに要約します。

1 私たちは1人では生きることができない

2 他人と話すことは難しい

3 インターネットにはコミュニケーションの仕方について説明した多くのサイトがある

4 あるカナダ人の作家が内気で、そんな自分を変えたかった

5 彼は自分を変えるためのカードを作った

6 過去の自分は変えられないが、未来の自分は変えられる

このように手短に日本語で書いていくと、話の流れが分かりやすくなります。

 

イ 英語の問題の解き方は?

次に英語の問題の解き方についてみていきます。

【語形変化問題】

語形変化問題とは、問題文にある動詞を本文の文章に合わせてその形を変える問題です。

まずは( )を含む文章を日本語にし、どの単語を選べばいいかを考え、その後、動詞の形を変えていきましょう。

文中に「have」「has」がある→現在完了

文中に「be動詞」がある→受け身か進行形

( )のすぐ前に「stop」「enjoy」「finish」がある→動名詞

( )のすぐ前が名詞→現在分詞か過去分詞の時が多い

 

【並び替え問題】

並び替え問題は近年ヒントとなる日本語訳がなくなったため、難易度が高くなっています。並び替え問題を解く際のポイントは、

・主語+動詞~の順に並べる

・慣用表現、文法を意識しながら並べる

・並べ替えた後、一度自分の作った文章を読む

です。

 

【適語補充問題】

( )の中に単語を入れる問題です。( )を含む英文を読み、どんな英単語を入れればいいかを考えるようにしましょう。

過去の問題を見ると、「like(~のような)」「without(~なしで)」「関係代名詞which」などがよく出ています。

 

【内容一致問題】

4~6つの選択肢の中から正しいものを選ぶ問題です。この問題は勘で解いているといつまでたってもできるようになりません。内容一致問題を解く際のポイントは以下の通りです。

1 各選択肢が本文のどこにあるかを探す

2 間違った選択肢はどこが違うのかを分析する

【間違いの選択肢の例】

・主語が違う

・本文は肯定文なのに選択肢は否定文

*例「私は京都に行った」【本文】

「私は京都に行かなかった」【選択肢】

・時間が違う

*例「私は京都に行った後、歴史の勉強をした」【本文】

「私は歴史の勉強をした後で、京都に行った」【選択肢】

これらのことを意識して問題を解くようにしましょう。

 

【豊橋の学習塾】英語の愛知県高校入試対策は「とよはし練成塾」
無料体験授業お問い合わせ

⑤英語で高得点を取るための勉強法は?

最後に英語で高得点を取るための勉強法についてみていきます。

【動画】 中学生の勉強法(英語)

1 中1・中2

中1・中2のうちは定期テスト対策をしっかりとやるようにしましょう。当面の目標は今習っている内容を完璧にすることです。

英語は積み重ね教科ですので、一度分からない所が出てくると、それを克服するには結構な時間がかかってしまいます。そのため、普段からこつこつと勉強するようにしましょう。

その中で特にやっておいた方がいいのは、

・英単語の暗記(英語→日本語)

・リスニングの練習

・英検を受験する(中1は5~4級、中2は4~3級)

です。英語は身に付くまでに時間のかかる教科ですので、定期テスト勉強だけでなく普段からしっかりと勉強するようにしましょう。

2 中3(受験生)

近年の愛知県高校入試は全体的に難化しているため、入試勉強はぜひ4月から始めるようにして下さい。(夏休みからでは遅いです。)以下、分野ごとにどのような勉強をしていけばいいかについてまとめました。

①英単語・英熟語の暗記

最初にやるべきことは、「英単語・英熟語の暗記」です。英語は単語の意味を知らないと、文章の意味を理解しにくくなります。ですので英単語や英熟語の暗記を最優先で覚えるようにしましょう。

一般的に英単語の暗記というと、

①「英語→日本語」にする

②「日本語→英語」にする

の2つがあります。そのうちやってほしいことは①の「英語→日本語」です。英語を見てすぐに日本語にできないと長文読解やリスニングで支障が出てきてしまうからです。

逆に②の「日本語→英語」は時間に余裕があれば覚えていけばいいでしょう。それは、こちらまで全て覚えようとするとあまりにも時間がかかってしまうからです。

また英単語だけでなく英熟語(慣用表現)も覚えるようにしましょう。愛知県の高校入試では慣用表現を問う問題が多く出題されます。中学生が覚えるべき慣用表現は200ほどしかありません。ですので、短期集中で覚えるようにしましょう。

【おすすめ問題集】

ハイパー英語教室中学英単語1600(桐原書店)

「中学基礎編(中1・中2レベル)」「高校入試編(中3レベル)」「難関高校入試編(高1・高2レベル)」の3部構成となっています。

当面の目標は「高校入試編」までの約800の英単語と約200の英熟語を覚えるようにしましょう。それを覚えることでリスニングや長文の内容が飛躍的に分かるようになってきます。

 

②英文法の復習をする

英文法の復習もすることも必要です。英文法の基礎がなければ並び替え問題や自由英作文といった問題に対応できません。そのため、薄い問題集を使って中1から中3までの内容を一通り復習するようにしましょう。

【おすすめ問題集】

中学英語レベル別問題集(東進ブックス)

東進の有名講師である安河内先生の中学生向けの問題集です。この本はレベル別になっていて、「0(入門編)」「1(基礎編)」「2(標準編)」というように生徒の学力に応じています。

最初は「0(入門編)」で中学の文法の基礎を固め、その後「1(基礎編)」を解けば十分です。一つ一つの問題に詳しく解説が書かれていますので、それらを全て説明できるようにしましょう。

 

③英検3級の問題集を解く

英単語や英文法の知識を高めた後は英検3級の問題集を解きます。英検3級の問題がおすすめなのは、ずばり愛知県の高校入試に問題形式が似ているからです。

英検3級の問題には、

・適語補充

・並び替え問題

・リスニング

・長文読解

・自由英作文

があり、これは愛知県高校入試でも同じ形式の問題があります。そのため、過去問演習に取り組む前に英検3級の問題集を解いていくとよいでしょう。(もちろん英検対策にもなります。)

【おすすめ問題集】

英検3級頻出度別問題集(高橋書店)

英検の問題集は数多く出題されていますが、個人的にはこの本が一番使いやすいです。その理由は、「問題数が少なめで手ごろにできる」「リスニングのCDが問題ごとに分かれているため再生しやすい」といったことが挙げられます。

一通り問題を解いて、できなかった問題の解説をしっかり読むようにしましょう。

 

④過去問演習

基礎をしっかりと固めたあとは、最後に過去問を解いていきます。最初は愛知県の高校入試の過去問から始め、全て解き切ったら他の県の入試問題を解いてみると良いでしょう。

そのため、使う問題集としては解説が詳しいものを使っていくのがいいでしょう。また、解いた後、解説をしっかりと読み、自分の言葉で説明できるようにしましょう。

【おすすめ問題集】

①愛知県高校入試過去問題集

各出版社から愛知県高校入試の過去問題集が出版されています。問題は当然どの出版社でも同じですが、解説に違いがあります。ですので解説を読んで「分かりやすい」ものを使うようにして下さい。

また、問題を解く際は必ず時間を計って解くようにしましょう。実際の高校入試は解答時間が40分です。ですのでそれよりも5分短い時間、つまり35分で解き切る練習をしましょう。

あとは一通り問題を解いた後は解説を読み、自分の言葉で説明できるようにしましょう。

全国高校入試問題正解(旺文社)

愛知県の過去問を解き切って時間に余裕のある場合は、「全国高校入試問題正解」を使ってください。この問題集は全国47都道府県の過去問+難関私立高校の過去問が収録されています。

そのため問題量が多く、さらにいろいろなパターンの問題が載っているため、実践力をつけることができます。しかし、解説はあまり詳しく書かれていないため、英語が得意な人以外は使わない方がいいかもしれません。

 

【豊橋の学習塾】英語の愛知県高校入試対策は「とよはし練成塾」
無料体験授業お問い合わせ