この記事を書いた人


西井佑一(にしい ゆういち)
愛知県豊橋市の「とよはし練成塾」の教室長。一人で中学生・高校生の全ての教科(英数理社国)を指導している。塾講師歴13年でこれまで集団塾・個別指導塾で指導経験あり。これまで多くの生徒を第1志望に合格させた経験を踏まえて勉強法や入試情報をお伝えします。

高校生の勉強法

英文法の勉強法|英文法のおすすめ参考書・問題集と勉強法は?

豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の西井です。英語の勉強は最初に「英単語」「英熟語」「英文法」といった知識を増やすことをしていきます。そして英文法を固めることで、長文読解やリスニング、英作文で結果が出るようになります。今回は英文法の勉強法について紹介していきます。

この記事の目次

①なぜ英文法を知る必要があるのか?

②どの参考書・問題集を使うべきか?

③英文法の効率的な解き方は?

④英文法を勉強する時の注意点は?

⑤とよはし練成塾での指導法は?

①英文法はなぜ必要なのか?

太郎君
太郎君
文法がよく分かりませんが、そもそも英文法って必要なんですか?
先生
先生
英語は日本語と語順が全く異なります。英文法を知ることで英文のルールが分かりますよ。

「英単語を覚えるだけでもしんどいのに、その上文法なんて・・・。」

「共通テストには文法問題がなくなったから文法知らなくてもいいじゃん。」

こういう風に思っている人はいませんか? 英語の入試問題を見ると確かに文法問題の割合は減っています。だからといって文法の勉強をしなくていいかと言えば、それは「NO」です。

その最大の理由は、英語は根本的に日本語と構造が異なる言語であり、特に「語順」の重要性が高い言語だからです。

例えば、「私は昨日彼女に一枚のCDをあげました」という文で考えて見ましょう。日本語の場合は、

「私は」(主語)

「昨日」(時を表す言葉)

「彼女に」(人を表す目的語)

「一枚のCDを」(物を表す目的語)

「あげました。」(動詞)

の順番となっています。主語から始まり、述語(動詞)は文の終わりに来るのが一般的な日本語のルールです。一方で英語の場合は、

I (主語)

gave (動詞)

her  (人を表す目的語)

a CD (物を表す目的語)

yesterday. (時を表す言葉)

というように、「主語+動詞+目的語+目的語~」の順になっており、日本語とは言葉の順番が異なります。

また、日本語は名詞を前から修飾しますが(例「公園で走る」+「少年」【名詞】)、英語は名詞を後ろから修飾(例「a boy」【名詞】+「running in the park」)します。

このように日本語と英語は語順が全く異なるため、英語のルールを知らなければ、正しく「読む」ことも「書く」ことも「話す」こともできません。

文型や句・節の構造、後置修飾などのしくみなどがわかってはじめて、正確に文の意味を理解することができるのです。

②オススメの参考書・問題集は?

太郎君
太郎君
英文法を勉強するのにどの問題集を使うのがおすすめですか?
先生
先生
解説が詳しく、自分の難易度にあった問題集がオススメです。

本屋さんに行くと、非常に多くの英文法の問題集や参考書が並んでいます。その中で有名なものと言えば、

【参考書】

・大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】

・安河内の新英語をはじめからていねいに

・Evergreen

・1億人の英文法

【問題集】

・Next Stage英文法・語法問題

・頻出英文法・語法1000

・UPGRADE

・Vintage

・スクランブル英文法・語法

・全解説実力判定英文法ファイナル問題集

・英文法・語法ランダム演習セレクト600

などがあります。しかし、個人的にオススメする教材は、「英文法レベル別問題集①~④」(東進ブックス)です。

①英文法レベル別問題集がなぜいいのか?

東進の有名講師である安河内先生が効率を追及して作られた問題集です。レベルは①から⑥まであり、①が高校入試レベル、最難関の⑥は東大などの難関国公立大・難関私立大レベルとなっています。

 

この本のメリットは3つあります。

一つ目は、レベル別だということです。中学生の内容も怪しいという場合は、一番易しい「レベル①(高校入試レベル)」から始めればいいですし、日東駒専レベルからやりたいのであれば、「レベル④(センター試験・中堅私大)」から始めることもできます。

これが他の問題集だと、基礎的な問題から応用的な問題まで収録されているため、その問題集が自分のレベルに合っているかと言われると、「?」ということになってしまいます。

 

また二つ目は、2~3章ごとに中間テストが付いていることです。単元ごとで勉強していると基本的にはその単元から出題されないため、「あっ、今仮定法の勉強をしているから、この問題は仮定法の問題だな。」というようにある程度分かってしまいます。

しかし、中間テストは文法事項からランダムで問題が出題されます。そのため、本当にそれまでの単元の内容を理解していないと正しい答えにたどり着くことができません。

そういう意味で、中間テストがあることは自分の実力をチェックをするには非常にいいものなのです。なお、ここで間違えてしまった問題はぜひ前に戻ってしっかりと復習するようにして下さい。

 

三つ目は、問題集が少なめで解説が詳しいことです。1冊の問題には200問前後しかないため、短期間で終えることができます。また、問題集の右ページは充実した解説が載っています。そのため独学者でも非常に使いやすい教材となっています。

 

【動画】英文法レベル別問題集の使い方・評価は?

 

また、英文法レベル別問題集の解説を見ても分からないときは、英文法の参考書が手元にあるとよいでしょう。それは、英文法を深く理解できていない状態で英文法レベル別問題集に取り組んでも、ただ答えの丸暗記になってしまうからです。

レベルごとにおすすめの参考書は以下の通りです。

【レベル1・2】

・くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで

・中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく

【レベル3・4】

・成川の「なぜ」がわかる英文法の授業

・関正生の世界一わかりやすい英文法の授業

【レベル5・6】

・フォレスト

英語の基礎が固まっていないうちは易しめの参考書を使い、基礎を固めていきましょう。そして、英語の力がついてきたら、細かい内容まで書かれている参考書を選ぶと良いでしょう。

②どのレベルから取り組めばいいのか?

またみなさんが悩みがちなのは、「どのレベルから問題演習をすればいいか?」ということです。

レベル別問題集には選ぶときの目安として「公立高校入試程度」とか「センター試験レベル」とか書いてあります。

ですが、これを真に受けて「英検○級を持っているからこのレベルを選ぼう!」と簡単に決めてしまうのは極めて危険です。

個人的にはよほど英語が得意でない限り(定期テストで80点以上常にとれる場合など)レベル1を選ぶことを勧めます。

レベル1は公立高校入試レベル、つまり中3までの範囲で構成されています。しかし、高校生でもいざ解こうとすると、所々問題を間違えます。そのために、ここでしっかりと中学レベルの内容を復習した方がいいのです。

レベル1から始め、最終的にレベル4(センター試験レベル)までできるようになれば、高校英文法の基礎は十分に固まったと言えます。

③巻末にある会話表現も覚えよう

「英文法レベル別問題集」は巻末に口語表現リストがついています。「レベル別」は文法問題が中心ですが、大学入試では会話問題もよく出るので、このリストも覚えておきましょう。

また、覚えるさいには音読をして覚えていくとよいでしょう。そうすることで、リスニングの対策や英会話(英検の面接練習)の練習にもなります。

③英文法の効率的な解き方は?

先生
先生
今からは英文法の効率的な解き方について見ていきましょう。

【動画】英文法レベル別問題集の使い方は?

1.1単元ごとに問題を一通り解く

まず1周目は全ての問題を解きます。目標は1日1章分です。1章の問題が20問ですので、比較的短い時間で解くことができるでしょう。

解き終わった後は答え合わせをし、間違えた問題や正解していたけど知識があやふやな問題は解説をしっかりと読むようにして下さい。

なお、間違えた問題はシャープペンでレ点をつけましょう。

2.解説に書かれていることを自分のものにする

次に解説に書かれていることをそのまま自分の言葉で説明できるようにします。英文法は英単語のように、ただ「暗記」をすればいいというものではありません。「なぜそうなるのか?」といった文法の本質的な部分を理解しなければ、できるようにはならないのです。

そのためにも解説をさらっと読んで終わりではなく、解説を理解し、書かれている内容を自分の言葉で説明できるようにすることが大切です。

なお、解説を読んでも分からない場合は、参考書に戻って内容を理解するようにしましょう。それをしないと「何となく」わかったまま終わってしまうからです。

3.2回目以降は間違えた問題のみ解く

2回目以降は間違えた問題のみを解きます。(当然1回目より解く問題数は少なくなるはずです。)

1回目でできた問題は「完全に理解している」問題であるため、これ以上解く必要はありません。

一方で1回目で間違えた問題は、まだ完全に理解していない問題であるため、できるようになるまで繰り返し解く必要があるのです。

そして2回目でできるようになった問題は、レ点を消していきましょう。一方、2回目でもできなかった問題は、最後解説を見て自分の言葉で説明できるようにしましょう。

これを全ての問題ができるようになるまで繰り返し行います。

4.しつこいほどに復習をする

先ほど紹介したように、人間の脳は「忘れる」ようにできているため、いくらその日に頑張って覚えても、次の日になると大部分を忘れてしまいます。ただ、定期的に復習をすることで「忘れにくく」なるため、英単語を覚えた後はしっかりと復習をしましょう。

なお、復習をするタイミングは以下の通りです。

1 覚えた直後に、復習する(数分間でもOK)

2 1日後に再度復習する

3 1週間後に復習する

4 2週間後に復習する

5 1か月後に復習する

この5つのステップを実践することによって、一度覚えた英単語を長期的に記憶に留めることができます。

④英文法を勉強する時の注意点は?

先生
先生
次に英文法を勉強する際の注意点についてみていきましょう。

【動画】文法の勉強法は?

①英文法は問題集を解いて理解していくこと!

英文法の勉強で、「ただ参考書を眺めているだけ」と言った人や、「問題集を解いて終わり(解説を読まない)」人がいます。

ただ、残念なことにこのような勉強の仕方では、英文法はできるようになりません。英文法の勉強はある意味数学に近いです。つまり、問題をたくさん解き、分からない所は解説を読み、自分の言葉で説明できるようになって初めてできるようになるのです。

そのことを意識して英文法の学習をするようにしましょう。

②どうしても分からない場合は、YouTubeを見よう!

「解説を読んでも分からない」

「参考書を見ても分からない(そもそもどこに書いてあるかが分からない」

「学校の先生に質問しにくい」

そういった場合も出てくるでしょう。その場合はYouTubeの動画授業を見るのも手です。YouTubeには英語に限らず数学や理科、社会などでもわかりやすく説明している動画があります。それを使って自分の分からない部分を理解するようにしましょう。

なお、おすすめの動画は以下の通りです。どちらも基礎から丁寧に説明されています。

③中学の内容すら危うい人へ

「be動詞から分からない」

「三人称単数って何?」

というような中学校の内容すら怪しい人が高校生向けの教材をやるのは危険です。(消化不良で終わる場合が多い。)

そういう自覚のある人は、思い切って中学生向けの教材を使うようにしましょう。おすすめは、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく」です。

この本は中学3年間で習う英文法を一から丁寧にわかりやすくまとめた良書です。練習問題も多く、CDも付属しているのも魅力的です。

中学英語の復習に1~2月かけてマスターし、その後「レベル別問題集①」にとりかかるようにしましょう。

④文法用語は覚えるべきか?

文法の問題集を解いていると、「原形不定詞」「目的語」「副詞節」といったいわゆる文法用語が出てきます。こういった用語は覚えておくべきなのでしょうか?

その答えは「YES」です。なぜなら、こういった用語は頻繁に出てくるため、用語の意味を知らないと解説を読んでも理解が不十分になりかねないからです。

下に文法用語をまとめたサイトを紹介しますので、こちらを参考にして下さい。

⑤英文法学習はいつから始めるべきか?

英文法の勉強を始めるのは、英単語の暗記が終わってからです。(但し残り時間がないなどは英単語の暗記と同時進行で進めてもOKです。)

そしてできれば高2の終わりまでに完成するようにして下さい。そうすれば高3からは長文読解や英作文・リスニング、英検・GTEC対策に専念することができます。

・自分のレベルにあった問題集を選ぶこと!

・自分の言葉で「なぜそうなるのか?」を説明できるようにすること!

・おすすめの英文法の問題集は「レベル別問題集」!

⑤とよはし練成塾での指導法は?

先生
先生
とよはし練成塾での英文法の指導法について紹介します。

とよはし練成塾では、大学受験を中心に学習する生徒や推薦入試を目指して定期テストの勉強に力を入れている生徒など、様々な学生が在籍しています。

その中で国公立大学や難関私立大学を受験する生徒には、英単語がある程度覚えた段階で、英文法の宿題も出しています。

やり方は、

1.一通り解く

2.間違えた問題は解説を読み、自分の言葉で説明できるようにする

3.講師がランダムに問題を出し、生徒がなぜその答えになるのかを説明する

4.すらすらと言えた場合は次の単元に進む。そうでない場合は再度やり直す。

といった流れとなっています。ただ、最初の授業はやり方を伝えるために、授業内で上の1~4のことをやっていきます。

大半の生徒は「レベル1」からやっています。その理由は高いレベルからやって万が一できない問題が多かった場合は、結果的に時間の無駄になってしまうからです。

また、最終的な到達点ですが、専門学校・短大志望の場合はレベル2まで、国公立大・私立大学志望の場合はレベル4までを解いていきます。

「レベル別問題集」が完成した後は、次にアップグレード英文法・語法のような総合的な問題集や長文読解の授業に切り替えていきます。

無料体験授業お問い合わせ